TOPICS

3月15日(日)香川漆芸座談会(終了しました)

これからの 香川漆芸を担う、 若手職人、若手作家、 関係者が
香川漆芸の現在と未来について語り合います!

 

日時:2015年3月15日(日) 13:30〜15:00
場所:さぬき産業工芸館 サン・クラッケ 2階
司会進行:明石 安哲氏(四国新聞社シニア編集室)
参加者:後藤孝子氏(宗家後藤盆)
中田陽平氏(中田漆木)
土田百合香氏(森羅 shinra)
漆芸研究所 研究生2名  ※都合により参加できなくなりました。
谷真琴氏(まちのシューレ963)
漆原早奈恵氏(ウルシックス)
三井文博(NPO法人アーキペラゴ 代表)


見学:無料

 

※後日、座談会の内容をまとめ、インターネット上でブログ、動画等で発信いたします。

 

2月11日(水・祝)サヌキノススメ見学会(締めきりました)

 

サヌキノススメ見学会では、毎月1回、工芸品の工芸士さんと食品の生産者さんを訪ねる見学会を開催します。

サン・クラッケに置かれている商品がどんなふうに作られているか見ることができるチャンス!

 

2月の見学会が、今年度最後の回となります。

そして4月から1年にわたって見学会を担当してきたハスイさんと行く最後の見学会にもなります。

はっしー、本当に一年おつかれさまでした!!

そのハスイさんが趣味を思い切り詰め込んで選んだ場所は男木島、漆の家!!

伝統工芸士の佐々木博さん、漆芸家の小笠原幹さんに案内していただきながらの見学になります。

今回は工芸品のみのスペシャルバージョン!!

見学会初の、船で海を渡ってのお出かけです♪

 

少人数の訪問となりますので、お早めにお申込みください。

 

■日時:2月11日(水・祝)

■訪問先:漆の家 (讃岐漆)[ 高松市男木町(男木島) ]

■立ち寄り先:お昼ごはん、よりみちの場所は決まり次第、ご連絡いたします

■参加費:移動・食費などの実費のみ

■定員:5名

 

 

■申込受付開始日時:1月22日(木)11:00〜

 

満員御礼!ありがとうございます。申込受付締め切りました。

 

■お申込み:

TEL、E-mailから担当蓮井まで、もしくは店頭にてスタッフにお申し付け下さい。

TEL:087-887-8140

E-mail:info@sunquelaque-sanukis.com

 

 

<タイムスケジュール>

9:40   高松港高速艇のりば待合所 集合

10:00   「めおん」乗船

10:40   男木島到着

(徒歩約35分)

11:30頃  男木島灯台 見学(庵治石が使われています)

(徒歩約35分)

12:30頃   お昼ごはん

13:30   「漆の家」見学

15:00   休憩

15:45   男木島散策

17:00   「めおん」乗船

17:40   高松港到着、解散

※一部変更になる可能性がございます

 

■漆の家

船に乗って行くはじめての見学会です。高松港から約40分の船旅で到着する男木島は人口約200人。瀬戸内の島々を舞台にした「瀬戸内国際芸術祭」にあわせてアート作品がいくつもつくられ、そのうちのひとつが今回見学する「漆の家」です。漆塗りした部屋の中に入り、漆の家のメンバーで、伝統工芸士でもある佐々木博さんと、若手漆芸作家として精力的に活動をされている小笠原幹さんにお話をお聞きします。「漆の家」は見学会に合わせて特別に開館していただきます。

2月は男木島に植えられた約1100万本の水仙の見ごろです。水仙の甘い香りに包まれながら、全国に2つしかない石造り(庵治石)の灯台を目指して歩きます。「猫島」としても知られる男木島の猫スポットにも立ち寄る予定です。島と漆について知りながら、1日のんびり過ごしませんか。

 

■ ご参加にあたって

・  移動にかかる交通費、食費などは全て実費となります ※見学費はかかりません

・  高松から男木島までの往復料金は大人1020円。こども(小学生)520円となります

・  見学会当日が雨天の場合、または悪天候のため船が出ない場合は2月14日(土)に延期とさせていただきます。ご了承ください。

雨天の場合→前日までに判断をし、ご連絡いたします

悪天候で船が出ない場合→船会社の判断が当日に下される場合もあります。当日朝までにご連絡いたします

・  階段や坂、細道も多く、勾配が急な場所もあります。ヒールのない歩きやすい靴でお越し下さい

・  島は風をさえぎるものが少なく、港から灯台までは海沿いを歩きます。防寒は念入りにお願いします

・ツアーは小規模で行うため、一般の方の参加人数は5名程度を予定しております

・タイムスケジュールは当日の都合によって変更になる可能性があります

・動画、静止画での撮影を行い、後日、サン・クラッケホームページでブログ等に活用させていただきます。

顔出しが不可の場合、事前にご連絡くださいませ。

 

 

1月24日(土)三野製麺所 店頭販売!

去年も開催し、好評を博した三野製麺所さんの店頭販売。

今年も開催いたします!

日時:1月24日(土)11時〜

 

厳選された材料で手間ひま掛けてつくった、三野さんちの讃岐手打ちうどん。

そのコシとのどごしは、食べてみないと分かりません!

 

寒い冬に暖かいうどん!今週末はぜひサン・クラッケでうどんで暖まってくださいね♪

 

 

1月8日(木)サヌキノススメ見学会 (募集締め切りました)

定員に達したため、募集を締め切りました。

ご応募ありがとうございました。

 

 

サヌキノススメ見学会では、毎月1回、工芸品の工芸士さんと食品の生産者さんを訪ねる見学会を開催します。
サン・クラッケに置かれている商品がどんなふうに作られているか見ることができるチャンス!

 

1月は、繊細な色と模様の手づくりの手まりを復活させた「讃岐かがり手まり保存会」さんと、とりたての海苔が食べられるかもしれない!「地濱水産」さんの見学です。

 

少人数の訪問となりますので、お早めにお申込みください。

 

■日時:1月8日(木)
■訪問先
・食品 : 地濱水産  ( 海苔 ) [ 高松市浜ノ町 ]
・工芸品: 讃岐かがり手まり保存会 ( 讃岐かがり手まり )[ 高松市兵庫町 ]

 

■立ち寄り先
お昼ごはん、よりみちの場所は決まり次第、ご連絡いたします

 

■参加費:移動・食費などの実費のみ
■定員:5名
■お申込み:定員に達したため、締めきりました。
TEL、E-mailから担当蓮井まで、もしくは店頭にてスタッフにお申し付け下さい。
TEL:087-887-8140
E-mail:info@sunquelaque-sanukis.com

 

<タイムスケジュール>

9:45   くつわ堂総本店で瓦せんべいの製造過程見学

10:30   讃岐かがり手まり保存会 見学

12:15頃  昼食と寄り道

14:00頃  地濱水産 見学

15:45頃   寄り道

※時間は予定です。変更になったり、前後する可能性もございます。

 

■地濱水産

「地濱水産」さんは高松市中心部でのり養殖を行っています。なんと香川県は全国6位の海苔の産地!地濱さんが養殖をしている場所は浜ノ町の工場からも目で見える場所。平屋の工場の中にはのりを加工するための巨大な機械がすっぽりと入りこんでいて、不思議な光景が広がっています。ちょうど初海苔が収穫されるのが12月下旬ごろ。とれたての海苔が食べられるかもしれません。

 

讃岐かがり手まり保存会

「讃岐かがり手まり」はかつてどの家庭にもあった子どもの遊び道具・手まりの作り方などの記録を荒木さんご夫妻が調べ、現在の形につくりあげたもの。香川県の伝統的工芸品にも指定されています。手まりに使われている草木染の木綿糸も保存会さんで作っており、鮮やかな幾何学模様がかがられる前の段階のお話も、実物を交えながらお聞きします。

 

今回は「瓦せんべい」でおなじみの「くつわ堂総本店」さんも見学します。近場ながら、盛りだくさんの内容です。

 

 

■ ご参加にあたって

・  移動にかかる交通費、食費などは全て実費となります ※見学費はかかりません

・  見学会前日が悪天候だった場合、「地濱水産」さんの海苔の収穫がないため工場の操業は見る事ができません。工場を見ながら地濱水産の方にお話をお聞きする形となります。ご了承ください

・  徒歩で移動する場所があったり、見学先が海の近くだったりします。防寒は念入りにお願いします

・ツアーは小規模で行うため、一般の方の参加人数は5名程度とさせていただきます

・途中、昼食や休憩をはさみます

・タイムスケジュールは当日の都合によって変更になる可能性があります

・動画、静止画での撮影を行い、後日、サン・クラッケホームページでブログ等に活用させていただきます。顔出しが不可の場合、事前にご連絡くださいませ

12月の店頭販売のご案内(終了しました)

12月の店頭販売のご案内です。

どちらもメーカーさんが来られ、試食販売をしてくれます!

 

 

■ 12月6日(土)

だいこくや しまうどん 店頭試食販売

(1) 11:00〜14:00

(2) 16:00〜18:30

 

■ 12月13日(土) 11:00〜15:00

多度津さくら工房 店頭試食販売

ごはんと焼き肉の試食になります!

・きしゃぽっぽ 焼き肉のタレ

・きしゃぽっぽ ミニトマトのジャム

・鰆とオリーブのふんわりそぼろ