TOPICS

【9月イベント】讃岐の産業工芸展1 伝統的工芸品

9月と10月の2ヶ月間、サン・クラッケでは、ここ讃岐で作られた産業工芸品をできるだけ紹介しようと思います。

風土に根ざした昔ながらの伝統的なものと、今の暮らしに合うように新しく作られたもの。

それぞれを紹介することで、工芸品を見直すきっかけになれば…と思います。

 

 

工芸品は地元の風土の中で、元来どのように使われ、どのような意味を持っていたか。

今の暮らしに合わせる意味、これからの讃岐工芸がどうあるべきか…そんなことを、実際に手に取りながら考えてみませんか?

 

9月は主に伝統的工芸品を、

10月は産業化・工業化されたものを含め、

工芸品の新しい形をご紹介します。