TOPICS

讃岐と獅子としあわせと

サン・クラッケにお越し頂いてる皆様

入り口から奥へと進んでいくと、○○○がいる・・・知ってましたか?

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どん!

と、ド迫力ですみません!

 

 

 

 

 

 

「獅子頭」です。赤色がオス、青色がメス。仲良く並べて。

今回サン・クラッケをオープンするにあたり、

東かがわ市芝居町で実際に使用している「獅子頭」と「ゆたん」をお借りする事が出来ました。

ちなみにゆたんの柄も獅子で、

口の開いている方がオス、閉まっている方がメス。こま犬と同じだそう。

 

 

みなさんご存知の「獅子舞」。

実は、香川県内には1,100もの団体が現存しており

規模・質ともに全国的にも誇れる伝統文化のひとつなのです。

 

この獅子に興味を持たれるお客様は結構いまして、

東北で獅子組の長をやっている方が偶然来られたときも

いろんなお話をしてくださりとても面白かったです。

 

香川の獅子頭は、顔中に毛がびっしり生えてるのが特徴とか!

 

 

 

 

 

 

 

目の奥に目がある!っですね(・O・)

 

 

そんな身近に獅子があるサン・クラッケ

そこで、またまた身近にあったこんな情報もご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

「The lion dance しあわせ獅子あわせ」

さぬき映画祭2013でグランプリを受賞した作品が、各映画館で上映されます!

 

県外から家庭の都合で香川に引っ越してきた主人公の男の子。

内向的で臆病なタイプの彼が、馴染めない生活の中で毎晩みる「青い獅子」の夢。

讃岐の獅子頭職人である祖父は「青い獅子はお前に踊らせてほしいと言っている。

獅子を作り、踊らせてやればお前の願いを叶えてくれる。」と伝える。

男の子の密かな夢は、昔のように家族が一緒に暮らすこと・・・。

 

なんとなく、想像したら胸がザワザワしてきました。

 

「獅子舞」って文化はきっと単純なものじゃなくて、たくさんの気力や体力が費やされ

代々精神性も受け継がれて、すごいパワーを秘めた「塊」になってると思います。

 

主人公の男の子は、そんな伝統を守ってみたいとか、真っ当な理由ではなく

自分の小さな願いの為に、獅子舞に人生を乗っけてく。

 

たくさんの人の、個人的な思いがのっかって、獅子舞を通じて、触れ合い、学び、成長していく。

 

パワーのある「獅子舞」ってものは、それを全部受け入れる深い懐があるんじゃないかなあ。

 

伝統とかよくわかっていなくても

すごく身近なストーリーの中で、

自然に伝統文化の素晴らしさを知りながら

人との繋がり、いろんな成長を感じ取ってしあわせになれる映画なんだろうなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非見に行きたいです!

 

 

ソレイユ2にて5/25〜5/31、6/1〜6/7、6/8〜未定

ワーナーマイカル宇多津にて7/5

上記の日程で上映してます。

 

さぬき映画祭では50分のショートバージョンでしたが、

今回公開が始まるものはフルバージョンで観れるそうですよ!

 

もちろん、サン・クラッケの獅子も見に来て下さいねー!

 

ミク