TOPICS

サヌキノススメ第10回 その3『田村久つわ堂総本店②、西の丸ホテル②、クリームファクトリー』

 

サヌキノススメ見学会は1日かけての企画です。

より道、お昼ごはん先も大事な行き先、楽しみのひとつ。

 

田村久つわ堂総本店さんと西の丸ホテルさんは10月の見学会でも立ち寄っているのですが、

10月に田村久つわ堂さんで昼食→今回は瓦せんべい見学に、

10月に西の丸ホテルさんでより道(買い物)→今回はお昼ごはん目的で行ってきましたよー!

 

※前回のブログはコチラからご覧くださいませ

 

 

まずは「田村久つわ堂総本店」さん。讃岐かがり手まり保存会さんへ向かう前に立ち寄らせていただきました。

瓦せんべいでもおなじみのこちらは高松三越の手前にあり、2階3階は喫茶スペースに。

1階ではお菓子の販売と製造をしています。

 

 

今回見学させてもらったのは「瓦せんべい」の製造です。

田村久つわ堂総本店さんではおよそ140年ほど前から瓦せんべいを焼き始めました。

「瓦せんべい」そのものの起源や由来はいろいろあるそうですが、歴史ある郷土菓子のひとつになっています。

 

 

使うのは2〜3日寝かした生地。

生地には卵が入っていないので堅くしまったおせんべいになるのですが、

白下糖とよばれるお砂糖を入れることで、口にいれると溶けて柔らかくなるので食べだすとやみつきに!

瓦せんべいの食感のヒミツは白下糖に隠されていたんですね。

 

 

瓦せんべいのキモになるこちらの「白下糖」はさぬき市津田町の山田さんが作ったもの。

ちょうど12月末頃に精製された新モノの白下糖を味見させてもらうと、濃厚で香ばしい甘さが。

 

エネルギーが満ちている初物を食べると長生きすると言われていますし、この後にうかがった地濱水産さんの海苔も新モノだったのでこの日は寿命の増す1日になった・・・はずです!

貴重な物をありがとうございます!

 

 

見る、食べるだけでなく、焼いている瓦せんべいをひっくり返す体験もしてきました!

 

製造を担当されている浅田さん、児玉さん、古市さんは勤めだして20年以上のベテラン職人。

すいすいと作業をこなされているので簡単かと思いきや、当然そんなはずもなく・・・。

まだやわらかい瓦せんべいを狭いスペース内にひっくり返すのは難しく、

隣の瓦せんべいにかぶってしまったり、めくれたりもしましたが、そのたびに修正をしてなんとか完遂!

 

 

焼き途中の瓦せんべいもそうですが、できたてアツアツの瓦せんべいもフニャンとやわらか。

あっという間に堅くなってしまうのでお熱いうちにいただきました。

もちっとした歯ごたえの瓦せんべいを食べることができるのは見学時のほんの十数秒だけ!

熱くても美味しい、冷めても美味しい、瓦せんべい。

 

 

締めはこの見学会で一番最初のお買いものタイムです。

味だけでなく形や色、食感が違うたくさんの種類のあるおせんべいが置いてありますが、全て3人の製造担当さんが作っています。

試食やスタッフさんにご相談しながらの品定め、楽しかったですよ〜。

 

今回は瓦せんべい作りを見学させていただきましたが、日によって別のおせんべいを作っているそうです。

作業スペース見学には事前予約が必要ですが、通路と隣接している作業スペースには大きなガラス窓がありますので、窓ごしに見ることもできちゃいますよ。

だいたい平日の午前中だと作業されてると思います。

 

 

ドーンと巨大な瓦せんべいを見ることができるのは田村久つわ堂総本店さんだけ!

これより小さい瓦せんべいは数種サン・クラッケでもお取り扱いさせていただいております〜。

ご自宅用におみやげ用にぜひどうぞ。

田村久つわ堂総本店のみなさま、親切に対応してくださってありがとうございました!

 

讃岐かがり手まり保存会さんの見学のあとはお昼ごはんへ。

歩くこと約3分。高松駅近くの「西の丸ホテル」さんに到着でーす。

 

 

去年オープンした「西の丸ホテル」さん。レトロでおしゃれなインテリアが素敵です。

雑誌や本がたくさん置いているのでくつろげますし、ランチタイム営業もされているのでお昼にもオススメですよ。

 

 

お店は店長の茜さんがお一人で切り盛りされています。

「西の丸ホテル」の由来ですが、お店の所在地が西の丸町で、なおかつ茜さんの名前にも「西」が隠れていますよね!

店名に“ホテル”と付いているのは以前この建物がホテルだったため。

今も数軒残っているのですが、このあたりはもっと宿泊施設が多かったそうです。開発に伴う区画整理があり、現在に至っています。

 

 

兎にも角にも、見学時のメニューを見ながらランチをどれにするかシンキングタイム。

では見学会恒例のお昼ごはんギャラリーをどうぞ!!

 

 

こちらがおにぎりプレート。

大きなおにぎりが食欲をそそります!

おかずはちょっと濃い目の味付け。でもお野菜が多くてヘルシーです。

 

 

そしてキッシュランチ!

その日や季節によって種類が変わります。

焼き菓子を得意とする茜さん。サクサク生地のキッシュは一度ご賞味ください。

 

 

最後に気まぐれカレー。この日はひよこ豆入りでした。

ご飯にちょこんとのっているのはお漬物(ピクルス)です。

どんぶりのような器に入って出てきたので見た目より量がありますよ〜。

 

 

こちらは別の日にお邪魔したときに注文したチョコムースケーキ(新作)とホットチョコレート!

ランチメニューのほかにも旬の果物、食材を使ったケーキやタルトを取り揃えてあるほか、

クッキーやビスケットといった焼き菓子も充実しています。

 

 

お菓子づくりを本格的に始める前から料理本を読むのが好きだったという茜さん。

本の知識と今までの経験、試行錯誤を積み重ねて、シーズンごとに新作がどんどん増えています。

お客さんからのリクエストで作られた、アレルギーを持っている方のための米粉クッキーも好評です。

 

 

高松駅、ことでん高松築港駅の間にある西の丸ホテルさん。

このあたりは似たような路地が多いので、ホテル万喜屋さんの看板を目印にするとわかりやすいかと思います。

 

 

おだやかで、それでいて芯のある西の丸ホテルさんのメニュー!

サン・クラッケでも一部の焼き菓子を取りそろえておりますよ〜。

茜さん、おいしいごはんをごちそうさまでした。ありがとうございました!

 

西の丸ホテルさんのフェイスブックはコチラになっています。

 

 

地濱水産さんの見学が終わり、解散前にこちらに立ち寄らせていただきました。

シュークリームの量り売りをされている「クリームファクトリー」さん!

2010年3月1日にオープンしてから5周年!

兵庫町商店街アーケードから歩いてすぐのところ、高松街ナカにお店を構えています。

 

 

季節限定のクリーム以外にも、定番クリームが数種類。

定番のカスタードは押さえたいところですが変わり種も気になります!

こうして私や参加者さん、どれにするか迷いに迷いました。お騒がせしました・・・。

 

 

カウンターの向こうで実際にシュークリームを焼いていらっしゃいます!

量り売りではなく個数売りもしてくれますので、迷った時は店員さんにご相談を。

 

 

私はカスタードと季節限定の「おいも」を注文!

が、全部1個ずつでも頼めばよかったとあとでちょっと後悔しました。

初めて食べるシュークリーム専門店さんのシュークリーム、本当においしかったんです。

 

 

皮はしっかりと厚め。食べるとサクッとしていてクリームたっぷり。

くどすぎず甘すぎずなカスタードも、風味がしっかり味わえるおいもクリームにもぴったりとはまる絶妙なシュー皮でした。

例によってすぐに食べきってしまったため、シュークリームの中身が見える写真がありません!申し訳ありません。

ぜひお買い求めのうえ、シュー皮の食感とクリームのハーモニーをお楽しみください。

 

クリームファクトリーさん、とつぜんの訪問にも関わらず 本当にありがとうございました!

 

見学会を通じて調べることで、知らなかったお店にたくさん出会えて楽しいおいしい、ハスイでした!

次回は讃岐かがり手まり保存会さんについての詳細ブログになります。

 

ハスイ