TOPICS

サヌキノススメ第6回 その3『鳥坂まんじゅう、仁尾の植村屋と長兵衛うどん、善通寺の熊岡菓子店』

 

最初はこれほどではありませんでした。

ある時を境に、道中で食べることも大きな目的になっている『サヌキノススメ見学会』

9月もおいしい香川のたべものを、食べて、食べて、食べてきました!!

 

まずは三豊鳥坂インターチェンジを降りてすぐのところにある「鳥坂まんじゅう」さんへ。

 

 

オープン直後に行ったのですが、店の中には行列が。

 

 

カウンターの奥で作っているので、ちらっと製造現場をのぞけちゃいます。

もくもくと湯気があがっていて、蒸しあがったいい匂いが売り場まで届いてきます。

 

数を言うとカウンター内のスタッフさんが包んでくれますよ。

 

 

どどーん!

ホカホカでふわふわの鳥坂まんじゅうを車の中や、中橋造酢さんにうかがう前にいただきましたー。

できたてが一番おいしいとのことなので、オープン直後に行けてラッキーでした!

 

中橋造酢さんの見学が終わったあとは、歩いて仁尾の町を散策。

まずはお昼ごはん!!

 

 

お昼は「長兵衛うどん」さんでいただきました。

うどん屋さんでありながら、中華そばが人気という気になるお店。

 

 

団体であらかじめ予約を入れていたこともあって、奥の和室におじゃましました!

テレビあり。欄間あり。フランス人形(?)あり。現役の黒電話あり。

 

 

おばあちゃん家に帰ってきたような、妙〜に落ち着く空間で休まりました。

 

 

うどんも注文!

 

 

ハムものった中華そば!も注文。私は中華そばにしました。

中橋造酢さんや田井民芸さんとの打合せで訪れたときに食べていたので、これで2回目。

 

 

さっぱり加減とこってり具合がちょうど良くて、あっという間に完食!

この日も注文してから出てくるのがとても早かったのも嬉しかったです。

 

 

長兵衛うどんさんの厨房の様子です。

厨房すっごいんですよ!

まず、レンガと石で出来たかまどであたためているのは、だしや麺。

太い針金でとっくりを結んで、針金をかまどのふちにひっかけることで下に沈まないようにしています。

床も洗い場も石造りですし、備え付けの木の棚はいい味だしていますし、どこもかしこも面白くてキョロキョロしてしまいます。

ポイントカードも作ってもらったことですし、また仁尾に行かなくては!

 

 

腹ごなしに仁尾の町を散策です。

三豊市の観光協会さんが作っている町歩きのリーフレットを片手に行きます。

 

 

神社手前のお菓子屋「植村屋」さんでは、それぞれが好きなお菓子をお買いあげ。

洋菓子だと和三盆シュークリームやプリンなどがありました。

やさしい甘さのお団子を片手に、再び散策開始。いいデザートになりました!

お土産にした白あんのおまんじゅうも、はっさくの味がほのかにして面白かったです。

 

 

こちらは薬局の永徳屋さん。

創業したのは江戸時代で、ずっと同じ場所で薬屋さんをしているとのこと。

中の作りが時代劇などで見るお店のそれで、でもおなじみの栄養剤なども並んでいて、

そんなミスマッチさがとてもよかったです!

 

人形文化が根付いている仁尾には人形屋さんも残っています。

昔の豊かさがあらわれているのか、そこかしこにお寺や神社があるのも特徴でしょうか。

ここでは紹介しきれていない魅力ある建造物やお店を巡りに、ぜひ仁尾へ!

 

 

午後の見学先、田井民芸さんからおいとまして、車で善通寺へ。

善通寺にお参り・・・ではなく、善通寺の名物と言えば「堅パン」!

 

 

熊岡菓子店さんで取り扱っているのは堅パンだけじゃないんですよー!

ダントツ人気はコロコロした堅パンですが、角パンやへそまん、そばぼうろなど、

使い込まれたケースのなかにはお菓子がたくさん。

 

 

上が角パンで、下が堅パンです。

歯の丈夫さに自信がない私は、口のなかである程度やわらかくしてから噛みました。

角パンは一口大に割って食べるとガリガリ食べれました。

もっと買っておくんだったとあとで後悔。

 

 

途中、讃岐富士こと飯野山を見ながら高松へ帰りました。

こんなに真正面から讃岐富士を見たのは初めてだったので、帰り道でも興奮!

きれいな形ですね〜。

 

見学先さんもあわせて、西讃の魅力がとびきり詰まった1日になりました。

歴史あるものを活かしながら、今を生きるみなさんが工夫をしながらお店を続けていることは、

大変さもあるのでしょうが、きっと後々、大切になってくると思います。

香川には歴史ある建物も文化も食べ物も、たくさん残っていますよー!

 

日曜日はお休みのお店が多かったので、今度は別の日に仁尾に行きたいハスイでした。

さて、次は中橋造酢さんやお酢づくりについての詳細ブログです!

 

ハスイ