TOPICS

「張子虎の絵付け教室」レポート

本日は田井民芸の5代目、艶子さんによる張子虎の絵付け教室を行いました。

 

まずは「ごふん(顔料の一つ)」を塗った白無地の虎さんとご対面。

それにニカワを混ぜた黄色の顔料で塗っていきますが、ゼラチン質たっぷりの状態ですので

少し湯煎で溶かして使用します。

白無地に塗っていく為、塗り間違えたら「どうしよう」とおそるおそるの手つきでスタート。

 

ポイントは顔の彩色。

大きく塗ってしまうと小顔な虎さんになるので、皆さん真剣な面持ち。

悩みながら少しずつ少しずつ塗っていきます。

 

〜ここでちょっと艶子さんの張子虎講座〜

張子虎の歴史は、室町時代にまで遡ると伝えられています。

以前のブログでも紹介しましたが、江戸時代には仁尾は海運の拠点とされており、

上方からの様々な文化がはいってきており、張子虎もその一つとされているそうです。

 

今回は実際に製作材料である江戸時代の古書もお持ち頂きました。

その古書にも艶子さんのこだわりがあります。使用するのは明治時代以前の古書のみ。

昭和初期の古書は使わないそうです。

その理由は戦時下、紙の材料が調達しにくくなり紙質が悪くなったからだそうです。

実際に手で何度も揉み、紙を裂いてみましたが大の大人でもかなりの力が必要でした。

 

また張子は紙を使った内部が空洞の人形ですが、成形する為に型(モールド)を使用します。

大きい虎では、頭部と胴体、四肢にしっぽ、そして耳2つと全部で9型存在し、

それぞれ古書を貼り付けて乾燥させ、切り込みをいれ型を抜き出します。

この時、全てのパーツを繋げるのりにもニカワを用います。

昔ながらの作り方を踏襲していますが、本当に手間がかかる代物。

 

色付けが終り、ひげをボンドで取り付けニスを塗って出来上がり。

2時間掛けて作成した、力作たち。

それぞれいろんな表情をしていますね。

 

今や西讃で2人の生産者しかいない伝統工芸品。

こどもが健やかに育つ事を祈り物づくりをされ、それを送る親御さんの気持ちを考え手間ひまを惜しまない、

田井さん(田井民芸)、三宅さん(三宅人形店)に感謝です。

 

田井さん、参加頂きました皆様、本日はお疲れさまでした。

 

来週は庵治石を使用した「石あかり」作り。

9月22日(日)、11:00スタートとなっております。参加費は¥1,000円。

まだ空席は残っております、是非ご参加下さい。

 

やました