TOPICS

欄間彫刻(らんまちょうこく)

その歴史は約1000年。

平安時代にはその原形ができ、安土桃山時代にその技術が開花し、

江戸〜明治〜大正まで下り、やっと民間に広まったそうです。

当時、鴨居の上に光を取り入れ風通しを良くするという実用性と、

品格や権力を表す為の装飾として取り付けられていました。

 

 

 

欄間彫刻の妙は、透かし彫り(木をくり抜き紋様を表す技法)と

浮かし彫り(輪郭を削り彫刻を立体的に見せる技法)。

写真では分かり辛いのが残念です。

下も透かし彫りとなります。

 

 

常に新しい発想、絶え間ない技術向上と産業として持続する為の方法、

今の生活様式にあった工芸品の在り方を考え、熱く語ってくれた小比賀彫刻の小比賀さん。

 

欄間彫刻は建具、障子の一部として存在していますので、すべて受注生産となります。

実物を紹介したいのですが、商品としては存在しませんので当店では、

その技法を使用した彫刻品を2階「産業工芸展」コーナーで販売しております。

やました