TOPICS

おマキ「ほうこうさん」

9月産業工芸展の店頭ディスプレイを飾っているほうこうさん。

実はもの悲しい物語があること、知っていますか?

時は、さぬき生駒時代(1587〜1640)に遡ります。

殿様のお姫様のおそば仕えに、おマキという娘がいました。

あるときお姫様が重い病にかかり、いろいろ手を尽くしたにもかかわらず

なおりませんでした。

そこでおマキは身代わりに、お姫様の病を身にうつし受け、お姫様の病気が

治るよう祈願を込めて、離れ島に流し人になって行きました。

その離れ島で、ひとりおマキは亡くなっていきました。

人々は、おマキを奉公さんとほめたたえました。

以来、この奉公人形を買い、こどもが病にかかると一旦抱かせて海に流すと

病は治ったと言い伝えられています。

 

こんな物語が聞くと尚いっそう、愛着がわきません?

 

戦後、下火になっていた張子に再び脚光をもたらした宮内ふささん。

サン・クラッケでは、102歳になるまで張子を作り続けたその宮内ふささんが

作ったほうこうさんを展示中!

店頭では、いろいろな工芸士さんが作ったほうこうさんを販売しております。

それぞれ表情が違い、面白いですよ。

是非、見に来て下さい。

 

右側が「ふさ」さん作、左は孫の幹子さん作。

 

やました