TOPICS

日替わりサヌキノうまいもん!国分寺 森上屋さん

サン・クラッケでは曜日毎に日替わりで香川のおいしいものを店頭に並べています!

毎週水、金曜日は大人気のどら焼き。

 

作っているのは高松市国分寺町の和菓子屋、森上屋さんです。

創業40年、現在お店を切り盛りするのは2代目の森上房子さん。

森上屋さんのどら焼きといえば、何といっても溢れんばかりのあんこ。

このどら焼きを作り始めたのは創業者である、房子さんのお母様。

「あんこは少ないより多いほうがおいしい!」というシンプルな発想からだったそうです。

特にこだわっているのは、小豆の粒をつぶさないように丁寧にそしてやわらかく煮たあんこ。

1代目の味を守り続けています。

 

森上屋さんが一番大事にしていることは「人の心」。

それをよく表しているのが包装紙にも使われているこの川柳です。

「ふるさとのかわいい銘菓の一人旅 無事かどうかと思うこの親」

森上屋さんがお菓子に込める思いは親が子を思う気持ちに似ていると言います。

 

そんな作り手の心がお菓子に移り、それを受け取ったお客様の声が自然と広がり、新しいお客様がやってくる。

森上屋さんの店内がいつも賑わっている理由がわかる気がします。

 

■森上屋

〒769-0101 香川県高松市国分寺町新居407−6

TEL : 087-874-4508

定休日 : 火曜日

営業時間: [日・月・祝日]8:00~12:00 [水-土]8:00~17:00

MAP:http://goo.gl/EFQ51B