TOPICS

サヌキノススメ第5回 その2『川口屋漆器店(香川漆器)』

 

午後におじゃましたのは「川口屋漆器店」さん!

香川の漆器屋さんとしては一番東に位置していて、場所はさぬき市長尾です。

 

ところでみなさん、香川漆器についてご存知でしょうか。

香川の工芸品のなかで国の伝統工芸品(正確には経済産業大臣指定伝統的工芸品)に指定されているものは現在2つあります。

1つは前回の見学会でうかがった『丸亀うちわ』もう1つが『香川漆器』です。

5つの技法が登録されていて、人間国宝も数名いらっしゃいます。

見学会で一度は訪れておきたかった香川漆器のお店を、今回見学することができましたー!

 

もとはよろず屋だった川口屋さん。

戦後、三木町池戸で家具や漆器をつくっていた親戚から下請けをする形で、漆器作りを始めたそうです。

現在の社長は2代目の佐々木敏晴さん。

そうです。川口屋漆器店さんを営んでいるのは「川口さん」ではありません!

川口屋という名前はよろず屋さん時代から使っていた屋号です。

 

 

佐々木敏晴さんの説明付きで、川口屋さんの作業場をひと通りご案内していただきました!

働いていらっしゃったのは全員女性。

漆器を作るのは女性のほうが多いのだとか。

 

まずは敏晴さんの足元あたりにご注目。

 

 

こちらは漆を塗る前の「木地(きじ)」と呼ばれるもの。素地(きじ)ともいいます。

木地屋さんに発注した木地に、川口屋さんが漆を塗っていきます。

ちなみにほとんど香川県の木地屋さんに発注しているそうです。

 

 

木地にさっそく漆を塗る!!のではなく・・・

 

 

まずは表面をみがいて平らにするところから。

下地になる木地を細かな凹凸もなく平らに仕上げなければ、光があたったときに乱反射してしまい、完成品にツヤ感がでません。

さわったときにサラッとしているような加工をするのも大切。

漆器づくりの長い長い行程のほぼ最初の段階から、漆器の出来を決める重要な作業がはじまります。

 

 

こちらは後藤塗の柄をつける作業です。

後藤塗は5技法のうちのひとつで、朱色とちょっと独特な模様が特徴。

すでに塗ってある漆の表面を傷つけることなく削り、みがいていく作業とのこと。

手が一歩方向によどみなく動いています。

 

 

みがく道具もいろいろ。炭はふつうの炭ではなく、油木を炭にしたものです。

後藤塗に限りませんが、みがいて、すりこんで、研いで、乾かして(漆を固めて)など、

工程を何度も繰り返すことで漆器は出来上がります。

 

 

こちらでは表面を整えた木地に漆を塗っています。

川口屋さんの出入口から一番奥側の部屋です。

 

 

お茶碗やどんぶりの中には様々な色の漆!

 

「漆」は漆の木からとれる樹液。精製したものが市場に出回るのですが、

塗る前の漆はカフェオレのような色で、空気に触れると透明のようになります。

漆といえば黒!赤!というイメージがありがちですが、顔料を混ぜることで様々な色を出しているんですよ。

 

木地をつくる木地屋さんがあるように、漆には漆屋さんがあります。

漆屋さんにはすでに色をつけた「黒漆」や「朱漆」など用途に合わせて商品があって、

川口屋さんでもいくつかの業者さんから漆を仕入れているそうです。

 

 

こちらも漆を塗る作業をする部屋。

右手前に置いてあるの円柱状の入れ物が漆が入った容器です。この状態で送られてくるそう。

 

この部屋の奥手の引き戸!

別の部屋につながっているのですが、その部屋とは!

 

 

並べられた漆器たち。

ここは「室(むろ)」といって、塗った漆を乾かすところです。

中を水分で湿らせて、保湿しながら乾かすのが特徴。

技法によっては何度も塗りと乾燥を繰り返す漆器づくりにおいて、要の場所になっています。

中に入れた漆器の数や季節で乾燥具合や湿度が変わるので、じゅうぶん気を配らないといけません。

 

と、ひと通りの案内をしていただいたあとは2階へ。

2階は商品が並ぶスペース!

 

 

 

お皿、お盆、箱物と、塗りや装飾が違う香川漆器の数々。

普段使いできそうなもの。特別な日に使いたいもの。鑑賞用に置いておきたいもの。

これだけ数があると眺めるのも楽しかったです!

 

 

装飾が施された本格派も数多く並べられています。

 

 

 

香川漆器の5技法のひとつ。おなじみの象谷塗のコーナー。

冠婚葬祭の贈りものとしてよく使われていたので、象谷塗のお盆は香川の各家庭に1つはあるのではないでしょうか〜。

象谷塗は使い込んでいくうちに模様の陰影が深くなっていきます。

使っていくうちに味が出る工芸品っていいですよね。

 

 

さて、香川の漆器は他の産地とくらべても塗りの手法がとても多いそう!

上の商品は「すり漆」という技法だと思われます。

木地の木目を残しているこちらも漆が塗られているんですよ。

 

 

カラフルな漆器も目を惹きます。

こちらのシリーズは若い世代にも人気だとか。

漆屋さんから買った漆で、川口屋さん独自の色漆もつくっております。

 

 

こちらは今年度のかがわ県産品コンクールで最優秀賞をかざった『Holiday’s dish(カトラリー付)』

色漆のかすれ模様と黒漆のしっとりとした輝きがきれいですねー。

なんといっても木のスプーンは熱いものをすくっても口につけたとき熱くありません!

便利なだけでなく漆で丈夫になったカラトリーは「はじめての漆器」にオススメです。

 

 

漆器の商品スペースのお隣は、まさかの雑貨屋さん!

敏晴さんの息子さんの康之さんと娘さんで営んでいます。

 

 

『shop+gallery 87.5』という店名の由来は、

88ヶ所霊場の87番札所・長尾寺と88番札所・大窪寺の間にあるから!

なるほど。確かにちょうど真ん中あたりに位置しています。

かわいい生活雑貨のみならず、わけあり漆器の販売もしていますので要チェックです。

 

 

息子さんたちが直接目利きして選んだ日本全国の雑貨とともに、

香川の伝統工芸品・高松張子も並んでおります!

大きな虎は現在サン・クラッケに置いていない宮内張子です。大きな口が大迫力!

 

きっと漆器が持つ根本的な良さは「丈夫で長持ち」であること。

もし割れたり欠けても、破片があれば修理だってできます。

伝統工芸品に指定されている5技法ばかりが『香川漆器』ではなく、

もーっと気軽な気持ちで使える漆だってたくさんあります。

まずは手に届きやすいお箸やスプーンなどのカラトリーから、漆器のある暮らし、いかがでしょうか。

 

川口屋漆器店さんのホームページはこちら

そしてshop+gallery 87.5さんのブログはこちらです。

 

川口屋漆器店さんのみなさま、お忙しいなか作業も見せてくださってありがとうございました!

自宅が長尾ですので打ち合わせは自転車で行きました!ハスイでした〜!

次回はお昼ごはんと立ち寄り先について更新しまっす!!

 

ハスイ

 

【ラジオ】サヌキノススメ in タカマツシティリミッツ 第5回(8月26日放送分)

FM815(FM高松)で毎週火曜日に生放送されている「タカマツシティリミッツ」。

 

毎月第4週は「サヌキノススメ」コーナー。

 

第5回は8月26日に生放送され、サン・クラッケからおなじみのハスイことはっしーと、ラジオ初参戦にっしーの2人が、パーソナリティのベニーさん、アケミさんとともに番組を盛り上げてくれました。

 

まずは岐阜出身のにっしーの珍しい履歴をご紹介。香川が好きすぎて1年ちょっと前に香川に移住し、昨年末からとうとう香川の県産品を売る仕事にまでついてしまった、お店でいつもお客様をお迎えしている元気なお姉さんです。お店に寄られた際には、ラジオ聞いたよーとぜひ声をかけてあげてください。

 

そして三原飴店さんのぎょうせん飴のご紹介。ぎょうせん飴は砂糖を使わない水あめ。もち米と麦芽、水だけでできている自然食品で、体にもよいです。300年近い歴史のある、代々お嫁さんが引き継いできた、手仕事による品です。冬の間に仕込んだ麦芽を使って、2日かけて作られます。見学会に参加した人達は、一番おいしい時間帯の飴湯を飲ませてもらえたとか。。。うらやましい話です。

 

工芸品は、県産品コンクールで知事賞を取られた、川口屋漆器店さんにお邪魔させていただいた様子を伝えてくれました。香川の漆について、はっしーが一生懸命話してくれてます(^o^)丿。いろんなびっくり話も飛び出してます。ぜひ聞いてみてくださいね!

 

後半では、現在お店で開催中の絵日傘(高松和傘)の工芸展についてもお話させて頂いています。いつもながらの楽しい25分間。聞き逃した方は下のリンクをクリック!でお聞きください。

 

(約25分のコーナーを4分割しております)

 

>>サヌキノススメinシティリミッツ 第5回(8月26日放送分)その1

 

>>サヌキノススメinシティリミッツ 第5回(8月26日放送分)その2

 

>>サヌキノススメinシティリミッツ 第5回(8月26日放送分)その3

 

>>サヌキノススメinシティリミッツ 第5回(8月26日放送分)その4

 

 

 

サヌキノススメ第5回 その1『三原飴店(ぎょうせん飴)』

 

サン・クラッケで取り扱っている県産品の生産者さんを一般のお客さんと訪ねる

「サヌキノススメ見学会」!

毎月1回、サン・クラッケで取り扱っている食品、工芸品を作っている会社を見学させてもらい、

その内容をブログや動画などでアップ!

ラジオのコーナーも放送して、より香川の県産品を身近に感じてもらおう!!!

という4月から始まったこの企画も早いもので8月で5回目です。

 

毎回お天気に恵まれていた見学会でしたが、今回は台風接近の影響でお昼前から荒天となりました。

気をつけながら行ってきましたよー!

 

 

今回見学をお願いしたのは

『ぎょうせん飴』を作り続けてもうすぐ300年。現在9代目の「三原飴店」さんと、

『香川漆器』を作るメーカーとしては香川で一番東にある、長尾の「川口屋漆器店」さん。

スタッフを含め11名での見学会となりました。

 

まずは三木町へ!三原飴店さんへ向かいます。

サン・クラッケがある南新町商店街からは車で約25分の道のりです。

長尾街道からそう離れていませんが、打ち合わせで訪れたとき野生のたぬきと遭遇しました!

(初めて野だぬきを見ました)

 

 

ぎょうせん飴とは、もち米と麦芽、水だけできあがる自然食品です。

お砂糖は一切使っていないのに香ばしくて甘い理由は、麦芽の酵素「アミラーゼ」のおかげ。

もち米は減農薬の香川県のものと広島県のもの。それらが手に入りづらいときだけ佐賀県のものを。

小麦は香川県産の「さぬきの夢」です。

ちなみに麦芽は冬の時期に発芽させた麦芽を1年を通して使っていきます。

 

ぎょうせん飴は2日かけて作られるのですが、

飴の粘度があがる前の、一番おいしい時間帯の飴湯を飲めるとっても貴重な時間に見学会が実施できましたー!

 

 

緑色が目を惹くこちらが「ぎょうせん飴」を作っている作業場兼、販売所。

昔から変わらず、この場所で飴づくりをしています。

 

奥側に見える白い戸の向こうが作業場で、手前側の部屋が販売スペースになっております。

 

 

この看板がつけられる前はご親族の方直筆の「あめ」看板がありました。

写真を見せていただいたのですが、そちらもシンプルで味がある看板でしたよ〜。

 

実はそれ以前は看板もなく、知る人ぞ知るお店だったそうです。

けれど看板がなくてもお客さんは地元のみならず、噂を聞きつけて全国各地から訪れていたとのこと。

味もさることながら、身体にやさしいぎょうせん飴は重宝されていました。

 

 

ぎょうせん飴をはじめて食べる方も、そうではない方も、入り混じっての見学会。

出入口にいてもただよってくる、あまーい香り。

 

9代目にあたる三原紀子さんとご主人の三原主幹(もとみき)さんの案内で、いざ作業場へ!

 

 

白い扉を引いた向こうには熱気がたちこめていました!!

水蒸気でスマホの画面にあっという間に水滴が。

 

 

こじんまりとしたこの部屋でぎょうせん飴づくりが行われています。

 

 

ぐつぐつと煮だっている飴がありますので、部屋の気温がうなぎのぼり!

窓から風は通るにせよ、冷暖房はもちろんありません。

冬も大変ですが、夏は焦げ付かないよう火加減に気をつける必要があるので気が抜けません。

 

こちらを時間をかけて煮詰めることによって粘度が増し、ネバネバとした飴ができあがるのですが、

今だからこそ味わえるのが、

 

あめ湯!

 

 

アツアツなのでゆーっくりいただきました。

これから飴に変わっていくのが不思議なくらいサラッとしていて優しい甘さ。美味でした〜。

喉にひっかかることも胃に持たれそうな重さもなく、ハスイは結局3杯もいただきました。飲み過ぎですね!

三原さんありがとうございます。

 

飲み比べできたので、見学会開始時に飲んだ飴湯よりも

見学会開始一時間後くらいに飲んだ飴湯のほうがとろみや甘みが増しているのがわかりました。

着実に『ぎょうせん飴』に近づいております。

 

 

完成品のぎょうせん飴を「べっこう飴」の形にしていただきました!

きらきらしていて、きれいな色です。

参加者さまもとっても喜んでいらっしゃいましたー。

 

 

作業場から外に出たところで、ご主人の元幹さんにお話をお聞きしました。

 

 

 

三原飴店さんが創業したのは亨保のころ。

将軍が徳川吉宗のころの江戸時代から飴をつくりはじめて、なんと約290年が経ちます。

もともと農業などの副業としてはじまったぎょうせん飴づくり。

ですので、代々継いでいるのは三原家ご長男のお嫁さん!

ご主人は別の仕事をされています。

 

では作り方をご紹介!

現在は1週間のうちの2日をぎょうせん飴作りにあてているとのこと。

 

 

 

こちらは飴汁をしぼったもの。「めかす」と呼ぶそうです。

ふわふわしていて柔らかい感触でした。

 

糖度が高いぎょうせん飴は長持ちです。

もし菌がはいっても、これだけ糖度が高いと殺菌作用がはたらくからです(ハチミツも同じですね!)

 

 

というわけで、年代物のぎょうせん飴も見せていただきましたー・・・!

昭和46年物なので43年前!

色は濃くなっていますが腐敗はしていません。すごいぞ、ぎょうせん飴。

 

 

こちらの中身は完成品のぎょうせん飴。(画像は打ち合わせのときのものです)

三原飴店さんのぎょうせん飴はビンとタッパで販売しているのですが、ビン詰め作業が神業でした。

 

平たい竹の棒に飴を巻きつけて、ビンの上へ・・・

 

 

重力にしたがって、ゆーーっくりと落ちていく飴。

 

 

適度なところで竹に飴をまきつけて調整。

外にこぼれることも入れすぎることもなく、ぴったりとおさまります。

写真に写っているビンよりもうひと回り小さいビンも、なんのその。

 

 

9代目の紀子さんは広島県のご出身。

まさか自分が何百年も続く飴屋を継ぐとは思ってもみなかったとのことです。

戸惑いはありましたが、先代のお母さんから技を伝えられ、お客さんとの直接のふれあいを重ねながら長年続いている理由を知りました。

お客さんに求められて作り続けてもうすぐ300年。

10代目も決まり、これからも三原飴店さんのぎょうせん飴は続いていきます。

 

ぎょうせん飴も飴湯もとっても美味しかったです!

三原飴店さん、お忙しいうえに雨が降るなか、色々と準備をしてくださってありがとうございました。

 

汗を流しながら飲む飴湯もサイコー!だったハスイでした!

まだまだたくさんのお話をお聞きしましたので、その内容は後日の詳細ブログにて!

次回は川口屋漆器店さんについての記事になります。

 

★三原飴店さんのホームページはコチラ

 

ハスイ

 

 

「遊びの達人」さんのブログに記事を書いていただきました!

 

なんと!!!

8月のサヌキノススメ見学会のことをブログに書いていただきましたよー!!!!

 

 

さぬき市のお店や人、イベントなどの旬な情報もりだくさんの「遊びの達人」さん。

8月の見学会の行き先が初の東讃!ということで、お昼からスタッフさんが同行してくれました。

見学会の内容はサン・クラッケのブログにまだアップできておりません・・・!

ので、「遊びの達人」さんの記事で見学会の雰囲気を感じてください〜(参加者さまのインタビューもあります!)

 

はっとーさん、お忙しいなか見学会を取材してくださりありがとうございました。

今回の立ち寄り先選びの参考にもさせていただいた「遊びの達人」ブログはこちら

サヌキノススメ見学会の記事はこちらです。

 

ラジオ番組も毎週放送中です♬ぜひお聞きくださいね!

さぬき市再発見ラジオ 遊びの達人
FM香川 毎週土曜11:55~12:00 放送中

 

 

ハスイ

9月のワークショップ

9月のワークショップは、張子の絵付けです!!

奉公さん、ねむりねこ、代参犬から

好きな張子をお選び下さい。

 

 

詳しい詳細です。

講師 張子工房ウスイ 臼井 融さん(伝統工芸士)

9月28日 13:00〜15:30頃(張子乾燥後終了)

受付時間 12:40〜

材料費 1個500円

対象年齢 全年齢対象(小学校低学年以下は保護者同伴)

定員15名

張子は数が限られている為、先着順になります。

ご予約の際に、希望の張子をお選び下さい。

※全て、定員制・ご予約制です。

お申込はこちらからです。 >>CLICK 

 

 

 

1 / 212