TOPICS

サヌキノススメ第2回 その2『高瀬茶業組合』

 

お昼ごはんをはさんで、三豊市高瀬に向かいました!

午後の見学先は「高瀬茶業組合」さん。

高瀬茶はゴールデンウィークごろに新茶摘み取りのピークを迎えていて、

ちょうど新しい芽の摘み取り時期終盤にお邪魔いたしました。

 
 
★香川のお茶のことや高瀬茶業組合さんについての詳細はコチラをご覧ください!

 
下の写真が工場の写真で、

 

こちらが工場のお向かいにある建物です。

 

 

新茶ののぼりと、かわいい女の子にお出迎えしてもらいましたー!

 

 

こちらでは高瀬茶業組合さんのお茶だけでなく、

高瀬茶せんべい(高瀬茶業組合さん作)に、高瀬茶を使った緑茶ようかん(丸亀のお菓子屋『きさらぎ』さん作)など、

と高瀬茶を使った加工品もそろっていました!

 

毎年一度、お新茶の時期に『さぬき二ノ宮ふる里まつり』も開催されています。

お茶摘み体験もできますので、来年ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

さて!

見学会では工場内を一通り見せていただき、茶葉からお茶ができる過程を追いかけました。

 

 

こちらが摘まれたばかりの茶葉です!

葉っぱが若いので、さわるととてもやわらかいんですよ。ふにゃふにゃしています。

スーッとした青々とした香りのこの茶葉を、

 

投入!

 

 

 

長いベルトコンベアを通って、落ちた先がこちら。

 

 

写真ではわからないのですが、風を当てることで茶葉の発酵を防いでいます。

 

お茶といっても「日本茶」「ウーロン茶」「紅茶」と、種類は色々ありますよね。

実はどのお茶も、もとは同じ茶葉から作れます。

茶葉の発酵の方法や度合によって、日本茶にも、ウーロン茶にも、紅茶にだってなれます。

 

ちなみに日本茶は『早い段階で発酵をとめるお茶』です。

 

 

茶葉を洗浄したあと、蒸していきます。

上の機械が葉を蒸す機械です。

 


茶葉に熱をくわえたあとの過程は、揉むことと乾かすことがメインになります。

茶葉を揉んで、乾かして。

力加減を変えながら揉んで、形を整えながら乾かす。

同時に、茶葉の形を整えていきます。

 

以前は手作業で行われていたお茶づくり。

現在、高瀬茶業組合さんではこのように、加工施設が機械化されています。

しかし岩部保多織本舗さんの見学会ブログでもお伝えしましたが、機械には機械のむずかしさがあります。

天候、気温、湿度によって、機械の設定を変える必要があるからです。

 

 

案内してくださった荒木さんも、あとでお話をうかがった職員の森さんも、ほかのみなさんも、

お新茶シーズンには組合に付きっきり。

お新茶のシーズンが終わっても二番茶の収穫がはじまりますし、

お茶の営業、販売もして、

摘んだ茶葉で年中、時期ごとのお茶や、お茶屋さんから頼まれたお茶を作ります。

 

 

天候や気候など自然の力に左右されるお仕事です。

そんなお茶作りのなかで森さんが一番面白いと思うのは、茶葉がお茶に完成したときだそう。

およそ3時間弱で茶葉はお茶に変わりますが、

茶葉は静かに栄養を蓄えながら冬を越えて、ようやく春に摘み取られ、そして出来が分かります。

そのときの喜びはひとしおではないでしょうか。

 

お茶の品種の違いだけでなく、静岡、宇治、知覧など、産地によってお茶は味や香りが違ってきます。

ですのでもちろん『高瀬茶』ならではの味と香りがあります。

 

ほかのお茶を飲まれている方も、普段日本茶を飲まれない方も、

年に一度のお新茶の時期。

初物は縁起物でもありますので、ぜひ!香川のお茶をお飲みになってみてください。

 

 

サン・クラッケでも高瀬茶業組合さんのお茶など、香川のお茶を取り揃えています。

試飲はもちろん、これから暑くなる季節ならではの冷茶の提案もしておりますので、

お気軽にご相談くださいませ!

高瀬茶業組合のみなさま、お忙しいなか新茶のお接待までありがとうございました!

 

水出し新茶もとても美味しい!!!!と新茶フェアで気付いたハスイでした。

(新茶の茶葉を百円ショップなどで売っているティーバッグにいれて水で出してみてくださいね〜)

 

★高瀬茶業組合さまのホームページはこちら

(マメに更新されるブログもぜひご覧ください♫)

 

次回は見学会のお昼ご飯について更新します!

 

ハスイ

【ラジオ】サヌキノススメ in タカマツシティリミッツ 第2回(5月27日放送分)

 

FM815(FM高松)で毎週火曜日に生放送されている「タカマツシティリミッツ」

 

「サヌキノススメ」コーナー第2回が5月27日に生放送されました。

今回はコーナー初のゲストを迎えての放送。

張子工房ウスイの臼井融さんをお迎えして、高松張子についてはもちろんのこと、

もうひとつの見学先、高瀬茶業組合さんについてもお話に参加していただき、

和気あいあいとした雰囲気で進んだ25分間でした。

 

聞き逃した方は下記をクリック!でぜひお聞きください

(約25分のコーナーを4分割しております)

 

サヌキノススメinシティリミッツ 第2回(5月27日放送分)その1

 

サヌキノススメinシティリミッツ 第2回(5月27日放送分)その2

 

サヌキノススメinシティリミッツ 第2回(5月27日放送分)その3

 

サヌキノススメinシティリミッツ 第2回(5月27日放送分)その4

 

 

3 / 3123