TOPICS

3月23日(日)マルシェ!のご案内

だんだん暖かくなってきた今日この頃、今週のマルシェはお彼岸をテーマにラインナップ!

まずはお彼岸と言えばおはぎ、あんこと言えば山清さんの商品をご紹介!

おはぎにおしるこ、トーストにのせるもよし!あんこワールドへようこそ!!

 

次にご紹介は「おととせんべい」見た目にも美しい、栄養素満点の昔ながらのせんべい!

出会いと別れの多い季節、贈り物にいかがですか?

一枚一枚手で焼き、最後に炭火であぶってしあげてます。

 

つづいて工芸品のご紹介!

クラフト・アリオカさんの漆器をマルシェで販売!自然の木を生活空間に取り入れてみてはいかがでしょうか?

志度桐下駄

志度町は全国シェア6割以上を占める桐下駄の産地です。

 

このほかにいつもながらの商品も随時ご用意しております。

醤油におつまみ、お菓子などなど

保多織、張子、etc.

春のお散歩がてら、、、

新たな商品とともにサンポートでお待ちしています!!

 

popマスター

 

 

 

 

 

 

十人十彩のつまみ人形

永井節子さんのつまみ人形!!

現在、つまみ人形を唯一作っている永井さん。

 

つまみ人形とは粘土を手で練り、つまんでお人形の形にして

それを天日干しで乾燥させ、顔料で彩色したお人形の事です。

乾燥に3〜4日位かかり、次に地塗りといって

ニカワと白胡粉を混ぜたものを、人形に塗ります。

また2日〜3日位乾燥させ、完全に乾いた物に

顔料で彩色をして最後に天日干しで乾燥して仕上がります。

一つ一つ手間隙かけて作っています。

この奉公さんのお顔も、ほのぼのとして

とても可愛らしいです。見れば見るほど、引き込まれます!!

そして、獅子頭!!この形が何とも愛嬌があります。

 

一つとして、同じ物がないつまみ人形。それも魅力の1つです。

節子サンが製作した、つまみ人形是非見に来て下さい。

 

工芸品ハンター 池添

3月16日(日)の『瀬戸内記念マルシェ』終了しました!

先日の『瀬戸内記念マルシェ』のご報告です!

 

(準備中の写真で申し訳ないです……)

 

強風のなか、お越しくださったみなさま、ありがとうございました!!!

いつもよりも規模の大きいマルシェということで、

特別にお味噌汁付きのお弁当とコラボスイーツを販売したところ、ほぼ完売しました!

もろみのお味噌汁とあったかいご飯で少しでも暖まっていただけたでしょうか。

 

お弁当は平日にサンクラッケ店頭で販売していますので、そちらもぜひご賞味ください♪

お散歩中に立ち寄られる方も多かったように思います。

さぬきマルシェは高松の駅近が会場ですのでフラッとお気軽にお越しくださ~い!

 

次のさぬきマルシェは今度の日曜日、3/23!

天気に恵まれることを祈りつつ、サンポートでお待ちしております!

 

ハスイ

お酢のお話し

先日、三豊市仁尾町の中橋造酢さんにお話を伺いに行って来ました。

 

中橋造酢さんといえば「仁尾酢」。香川を代表する米酢(お米を原料としたお酢)です。

食卓ではおなじみのお酢ですが、どのように造られているかみなさんご存知ですか?

ここでは、米酢の作り方を簡単にご紹介します。

 

まずお米を蒸します。

 

その後、麹菌を加えてお米のデンプンを分解させ、さらに酵母を加えてアルコール発酵させます。

ここまでは日本酒のつくり方とほぼ同じ。実はお酢になる前はお酒なんです!

 

それを樽に移し、種酢(酢酸菌が入った酢)を加えてアルコールを酢酸発酵させ、酢に変えていきます。

この発酵は3ヶ月程度で終わりますが、そのままでは刺激が強すぎて使うことができません。

樽の中で1年3ヶ月程熟成させることで、酸っぱさのカドがなくなってまろやかになり、お米由来の甘さが引き立つお酢が生まれます。

 

仕込みから約2年!中橋造酢さんの「仁尾酢」の完成です。

中橋造酢さんは創業以来200年以上変わらぬ手法でお酢を造り続けています。

 

サン・クラッケには、三豊のフルーツを仁尾酢にじっくり浸けてつくった「フルーツDE酢」も置かせていただいています。

生野菜にドレッシングとしてかけたり、お水や焼酎で割ったり...

お酢を使う楽しみがますます広がりますね。

中橋さんの息子さんが描いた絵のパッケージが目印です!

 

さらに4月、仁尾酢を使った新しい食品が入荷予定です。

ぜひ店頭でご覧ください。

 

サンクラッケ トクチ

 

 

讃岐かがり手まり

工芸品ハンターの池添です!!

先日、スタッフのにっしーと

一緒に讃岐かがり手まりのワークショップに参加して来ました!!

『菊に始まり、菊に終わる』と言う代表的な

かがりの『八重菊の手まり』作りに挑戦してきました。

まずは、この可愛い土台の手まり。土台を選ぶのも

どれにしようか、迷います。

そして、草木で染めてる糸を選ぶのも、迷いに迷います。

糸の選び方で無限に広がる、バリエーション!!

糸の配色を楽しみたかったので、明るめの色を選びました。

そして、にっしーは、とても綺麗な紫色!!

手まりの世界に入りこんで、一針、一針、糸をかがって行きます。

どんな手まりが出来るのか!!少しずつアップして行きますので

乞うご期待!!

 

 

 

2 / 3123