TOPICS

企画写真展「讃岐祭」

「伝える文化・伝わる文化」と銘打ち、季節ごとに移り変わる

讃岐の祭り文化を届ける写真展。

会場:こめっせ宇多津

開催:9月10日(火)〜15日(日)

11:00〜19:00

最終日は16:00まで

最終日には13:30〜、有志による獅子舞演舞も開催予定との事。

 

サン・クラッケでも11月イベント企画にて「讃岐の祭りと獅子」を特集を予定中。

写真展、楽しみですね〜。

 

やました

おマキ「ほうこうさん」

9月産業工芸展の店頭ディスプレイを飾っているほうこうさん。

実はもの悲しい物語があること、知っていますか?

時は、さぬき生駒時代(1587〜1640)に遡ります。

殿様のお姫様のおそば仕えに、おマキという娘がいました。

あるときお姫様が重い病にかかり、いろいろ手を尽くしたにもかかわらず

なおりませんでした。

そこでおマキは身代わりに、お姫様の病を身にうつし受け、お姫様の病気が

治るよう祈願を込めて、離れ島に流し人になって行きました。

その離れ島で、ひとりおマキは亡くなっていきました。

人々は、おマキを奉公さんとほめたたえました。

以来、この奉公人形を買い、こどもが病にかかると一旦抱かせて海に流すと

病は治ったと言い伝えられています。

 

こんな物語が聞くと尚いっそう、愛着がわきません?

 

戦後、下火になっていた張子に再び脚光をもたらした宮内ふささん。

サン・クラッケでは、102歳になるまで張子を作り続けたその宮内ふささんが

作ったほうこうさんを展示中!

店頭では、いろいろな工芸士さんが作ったほうこうさんを販売しております。

それぞれ表情が違い、面白いですよ。

是非、見に来て下さい。

 

右側が「ふさ」さん作、左は孫の幹子さん作。

 

やました

9月のワークショップ

今月も開催いたします「サン・クラッケのワークショップ」

 

●9/7(土)「おさとうを使わない野菜のコンフィチュール」

地場産の野菜を使ってジャムやディップを作り方を教わります。

まさかの組合せがおいしく変化しますよ。お土産付!

 

●9/14(土)「張子虎の絵付け教室」

豆小サイズの首振虎に自由に絵付けし、みんなのオリジナルが作れます。

材料は全てこちらで用意いたします。

 

●9/22(日)「庵治石 石あかりつくり」

金槌で石を割り、自由に成形し、オリジナル石あかり作り!

金槌をお持ちの方はご持参いただきたいのですが、

無い方はこちらでご用意いたします。

約1時間で作製、乾かす間お昼休憩していただき、その後お持ち帰りいただけます。

 

詳細・ご予約はこちらまで↓↓

http://www.sunquelaque-sanukis.com/workshop/

さぬき産業工芸館サン・クラッケ

〒760-0051 香川県高松市南新町4-9

TEL:087-887-8140 FAX:087-887-8141

 

 

皆様のご参加お待ちしてます。

 

 

 

えに

【9月イベント】讃岐の産業工芸展1 伝統的工芸品

9月と10月の2ヶ月間、サン・クラッケでは、ここ讃岐で作られた産業工芸品をできるだけ紹介しようと思います。

風土に根ざした昔ながらの伝統的なものと、今の暮らしに合うように新しく作られたもの。

それぞれを紹介することで、工芸品を見直すきっかけになれば…と思います。

 

 

工芸品は地元の風土の中で、元来どのように使われ、どのような意味を持っていたか。

今の暮らしに合わせる意味、これからの讃岐工芸がどうあるべきか…そんなことを、実際に手に取りながら考えてみませんか?

 

9月は主に伝統的工芸品を、

10月は産業化・工業化されたものを含め、

工芸品の新しい形をご紹介します。

4 / 41234