TOPICS

本日、打出し銅器卵焼きイベント!

本日9/28(土)11:00より、

打出し銅器の卵焼き器で焼いた卵焼きの実演イベントを開催いたします!

店頭で実際に打出し銅器を使って、卵焼きを焼きますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その場で焼いたものをご試食いただけますので、ぜひ銅で焼いた卵焼きをお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日に合わせて卵焼き弁当も入荷します!

東かがわ市福栄地区「福栄米」の新米を使った卵焼き弁当です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、打出し銅器で作られたやかんや靴べら、

地場で作られた新米に合う塩や醤油もろみなど、

いろいろご用意してます。

 

ぜひ、香川の秋、行楽の秋を楽しみににいらしてください!

 

 

 

 

 

えに

 

 

多年を保つ【保多織】を日常で使う応用編

こんばんわ

 

保多織(ぼたおり)

この素晴らしいサヌキの織物文化を皆さんはご存知ですか?

保多織はいつまでも丈夫なことから「多年を保つ」という意味で

1689(元禄2)年高松藩主・松平頼重公の時代から

ここサヌキで愛されている織物です。

保多織の特徴は

平織りの変形で、肌ざわりの良さと通気性や吸水性にすぐれた織物。

江戸時代から吸水速乾の考えを持っていた保多織。

今回、

 

保多織の前掛けをサンクラッケで仕事着として愛用してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

讃岐の伝統文化を日常で味わうことのできる保多織・・・

サンクラッケにある

保多織前掛けは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色のバリエーションも多く

しかも

日常で水仕事がしやすいものばかりを

豊富に取り揃えています。

保多織は肌触りの良さから

浴衣やシーツとしても愛用され、浴衣を仕立てた生地のあまりを有効に活用するため

手拭いに変わったり、ハギレに変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はシンプルな前掛けとハギレを使用し

自分だけのオリジナル前掛けを手縫いで作ってみました。

多種多様にかわる

サヌキの保多織を一度、

自分で手で感じてみてください。

保多織の糊の効いたシーツの心地よさや

絹で織ったマフラー、

やわかい織糸のハンカチ・・・

自分で使用するのもいいですし

保多織をあなたの大切な人に

サヌキの県産品として贈りものにしてみませんか?

 

コバ

張子の獅子頭

田井民芸さんの縁起物の張子の獅子頭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表情がとても、ユニークです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高松張子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ると心が和む張子。ほっこりと可愛らしい奉公さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『嫁入り人形』讃岐高松地方ではその昔、嫁入りの際に近所のあいさつにを

かねて、お人形を配る風習がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝牛 牛の様に辛抱強く、嫁いだ娘が幸せになれるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チン鯛さん  犬は安産祈願で!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鯛持えびす 福の神が嫁ぎ先に訪れますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金袋だき童子 金運に恵まれますように。

 

張子で皆も手作りの良さを改めて実感しませんか!!

ぜひぜひ、お店に見に来て下さいね!!

 

庵治石「石あかり」つくりレポート

本日は、庵治石を使った灯籠「石明かり」を作りました。

講師はストーンクリエイター149(石工=いしく)の太田さん、島本さんのお二人。

 

事前にカットされたシート状の石を金槌で2cm程にたたき割り、紙管の周りに糊付けした

石を置いていきます。1時間ほど乾燥させて出来上がりという工程。

 

まずは石を割ります。

この作業には慣れが必要で、大きいものや小さいものなど思うようには割れません。。。

黄色いテープ間が2cm目安の定規。島本さんのアイデア、芸が細かいです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

割った庵治石を重ねて行きます。

思い思いのデザインで、黙々と作業をしていきます。

奥にいるのが太田さん、ご自身も没頭しているの図。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドになる紙管を抜けばこの通り。

今回木工ボンドを用いましたが、最後に強力な瞬間接着剤で仕上げを行いました。

折角完成した、石明かり。大事に1時間自然乾燥させます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは階段状の石明かり。頂点部は微妙にアーチ状となっています。

何度もやり直しを重ねた力作。

明かりをいれたら、さぞかしきれいな光を放つでしょう。

参加者の皆様、太田さん、島本さん、お疲れさまでした。

1 / 41234