TOPICS

高松市南新町マルシェ☆ ”夏”収穫祭!!レポート

夏・夏・なつ・ここは南新町の夏!

8月25日 大雨が真っ向から降るなか、

南新町商店街4班様のご協力を頂き

”夏”の収穫祭をかね、野菜マルシェを開催しました。

大雨から天候はちょい晴れ晴れの、ちょうど良い気温にかわり

野菜もぐんぐん元気に、みなさんのところにお嫁にいく準備を整え

いざ、マルシェスタート!!です。

今回のマルシェは

普段、なかなか接することのできない農家さんと直に触れ合いながら

町の中心で新鮮な野菜を買い、そして、その場で”採れたての野菜を食べる!”

というマルシェでした。

讃岐の農家人”小原紅早生”をつくる”小林さん” 、

(ちょと、向こうにおいしいトマトを作る入船さんもいらっしゃいます)

 

も早朝から準備をしてくださいました!

天然のみかんの色が甘い味を物語っています。

ほんとに甘くて、じゅうしぃな”小原紅早生”です。

彩とりどりの”夏野菜”はわたしたちの体とココロを元気にしてくれます。

讃岐の農家人が丹精をこめて作った野菜をみなさんに紹介したい!

そして、この”野菜”を作る人がどんな環境で野菜作りをしているのか?

何十年も野菜を作る為に土壌を研究し

”皮ごと食べる安心な野菜”を作る事を貫いている農家人。

私たちが普段、選んで買って、食べる ” 野菜 ”

この” 野菜 ”を食べるまでに、どれだけの人が時間と労力を費やしているのか?

楽しい。それと一緒に自分の目と耳と口、

五感で感じるマルシェを実現したかったのです。

当日のマルシェでは

農家人だけでなく

農家人が丹精をこめて作った ” 野菜 ” を

料理人が”自分の大事な人に残したい料理”というテーマで

遊びココロを交えながら、料理をして頂きました。

マルシェにきて下さったお客様は

自分で食べたい野菜と食べ方を選ぶ!

この野菜が

野菜天ぷらとそうめんに!

と自分で食べ方をオーダーできるのです。

今回のマルシェでは

半空でしか食べられない珈琲ゼリーや

Zionの野菜カレー

haruの野菜カレーパン、坂出の宮下さんの金時芋あんぱん

みゆきちゃんがつくったスィートポテト

うどん棒さんが一日限定でつくった讃岐の野菜天うどん。

出店とご協力くださった方には

てんこもりのパワーを頂きました。

ありがとうございました。

そして

マルシェに来てくださった みなさん

本当にありがとうございました。

サンクラッケでは今後も

讃岐の農家人を応援し

讃岐で愛される ” 野菜 ” をみなさんにお届けしたいと思います。

 

【8月イベント】讃岐の農家人(のうかびと)

さぬき産業工芸館サン・クラッケ、8月のイベントは…「讃岐の農家人」。

食に対する安全性にこだわりを持つ農家さん等、讃岐でこつこつがんばっている農家さんと農産物の紹介。

取扱予定品目:アスパラ、オクラ、きゅうり、ごぼう、タマネギ、カボチャ、金時芋、トマト、なす、もも、ブルーベリー、ぶどう…etc
期間:8月1日(木)〜8月31日(土)

お待ちしています!

もも・モモ・桃!!!販売中(^o^)/

サン・クラッケのつっちーです(^^)

さて、以前のブログでカニーが取材した、三豊市高瀬町・大西幸三郎さんの桃。
http://www.sunquelaque-sanukis.com/blog/?p=146 
前回のブログ最後に告知した通り、今月よりサン・クラッケ店頭で販売を開始しました!\(^o^)/

「おいしい野菜や果樹を収穫するために、こんなにも手間暇かけて作ってる」
という農家さんの思いを伝える、伝道師カニーの取材努力。
是非サン・クラッケに来て、桃を買って食べて確かめて下さい。

ただ今、こちらの「あかつき」を販売していますが、時期によって品種が変わることがあるのでご了承くださいm(_ _)m
大西さんの桃はとにかく甘〜い!
しかも、果汁が多く上品な感じの香り&味なのです。
特に、やわらかめが美味♪
しかも、常温で置きっぱなしにしても腐りにくい。
そしてなんとも、一度食べたらもう一度食べたくなる味♪ ←コレ重要

サン・クラッケでは、そんな大西さんの桃でジャムを作り、高松市木太町のおいしいパン屋さん 「haru」さんとコラボして、デニッシュパンを作りました!!
こちらは不定期で入荷します。つまり入荷しない日もあります。ご了承ください m(_ _)m

是非、多くの人に試していただきたい「讃岐の桃」です。是非お試しください!(^^)

おいしい果物の見えないところ

こんばんは  カニーです。

先日、摘花が終わったキウイ農家に再び呼ばれて♪

今回は何の作業なのか楽しみに行くと、まず見せてくれたのは黄色い粉???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、キウイの花粉だそうです。正確には葯(やく)。雄しべの花粉が付いているところです。

花粉は・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穂先に見える白い粉。これを集めてキウイの雌花につけるというなんとも細かい肩の凝る作業・・

早朝、キウイ花を採ってきて分別機にかけます。(キウイは雄花しか咲かない雄株と雌花しか咲かない雌株にわかれてます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブ−−−−−−−−−−−−ン!!てすると、ポイッて出てきて・・・・・・。(手の下のところから白い花が出てきてます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなります。花から黄色い葯だけがとれて、それを部屋の中に広げて乾かします。

そうしてとれた花粉を寒天液に混ぜて花粉液を作ります!

そこまで早朝から昼の仕事。

昼からキウイ畑で今度は首の凝る仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全部の花に花粉を付けていきます。花粉が入った液体を霧吹きで雌しべにまんべんなく吹きかけていきます。

雌しべ全体にかかってないとちゃんとした実が出来ないんです。無数にある花。ずっと上をむいての作業。

見た目よりずっと体に酷な作業です・・・しかも花が咲いてる数日のうちに終わらさないといけないので体が痛いからとのんびり温泉にでも・・

なんて言ってられません!

この時期は桃の摘果作業も重なり息つく暇もないくらいで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしい果物を作ろうと思ったらそう簡単ではありません。ここからまた一つ一つに袋をかけていきます。

一つの実に何度も手間が掛けられていきます。店頭に並んでる姿しか見ませんがそこにくるまで何カ月も前から選ばれ

準備されてきます。ちゃんと作っても結局見た目で選ばれる流通の仕組み。誰のために?消費者や生産者じゃなく

流通組織の事務所で机に座ってる人のため?

農家さんは自分の手で大きくするキウイを選んで買う人は自分の手で食べるキウイを選ぶ。だから野菜や果物を

売る人にも自分で選んでほしい。なんでも良くない。

 

 

 

 

新たなる農家人参上

こんばんは  カニーです。

先日の大雨は大変でした。農家さんの所へいっても畑に入ることもできずただ世間話・・

あまり外に出ない農家さんに街の情報を持っていく情報屋カニーしてました。

昔の薬屋みたいなもんですね。

今回の農家さんは高知で農業の勉強をしてから香川にきて就農2年目。

まだピチピチの農家さん♪でもそんなのんきなことではいけません!自立する農家たるもの

おいしい野菜を作れなければ買ってもらえません。この農家さんが選んだのは・・

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、まわりから出る「出なおし根」が多いということは味はイマイチかなぁ(–;)

耕作放棄地を耕して2年では美味しい人参は難しいか・・

 

 

 

 

 

 

 

 

(・3・) ・・・??意外にいける??

ぼくもいただきました。けっこうおいしい(*≧∀≦*)

甘いですねー!エグみもなく後味もよくみずみずしいです♫

なんでですかねー。

やっぱり1年だけといっても丁寧に土作りをしてちゃんと野菜と向き合ってきた成果。

というわけで収穫スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

真面目で熱心な農家さんほどやっぱりいいものを作ってくれます 。

いつも物を選ぶとき何を基準にしていますか?

その商品がもつ「価値」ですか?流通の都合で決められた「価格」ですか?

自分の体を作ってくれる食べ物を作ってくれる農家さんを選ぶことができたらいいですね。

そうしたら「買い物」という行為の意味がかわってきますね。自分の子供、大切な人に残したいものを選ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは海風にのって潮の香りがする香西の静かな山の中域。

今回の100年後も残したい農家の想いは 入船さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212