TOPICS

さぬきマルシェで待っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンクラッケは今週末、サンポートで開催される

”こんまいまいちのさぬきマルシェ”に出店します!

当日はサンクラッケが一年間、地元“サヌキの生産者さんと携わり、
地元の人に伝え、繋いでいきたい”サヌキの食”をご紹介したいと思います.

まっとうに不器用ながらも物づくりをする生産者さんを応援したい。
こんなに”いいもの”がサヌキにあるのに知らないことが多すぎたことに
気づけたサンクラッケのメンバー私たちが

“百年後もあってほしいサヌキノ台所”をテーマに

サンクラッケがリニューアルオープンしてから

すこしづつ、探し、選んできた、“サヌキノいいもの”たちが勢揃いします。

当日は

いつも平日しかたべれなかったサンクラッケのお弁当を

母さん茶屋の味噌でつくったみそ汁つき!で提供します。

さらに、

haru のサンクラッケオリジナル県産品カレーパン

伝説の”細川マメブ”パンが復活します!

haruのこのパンの存在をご存知の方ははたしていらっしゃるのか?

現地でお会いしましょう!!

 
『サンクラッケのぼくら、わたしたちが考え、ゆくっり選び、創りだした、
”サヌキのらしさ”,”サヌキのいいもの”を地元“サヌキの人に届けます!”』

 

【9月イベント】讃岐の産業工芸展1 伝統的工芸品

9月と10月の2ヶ月間、サン・クラッケでは、ここ讃岐で作られた産業工芸品をできるだけ紹介しようと思います。

風土に根ざした昔ながらの伝統的なものと、今の暮らしに合うように新しく作られたもの。

それぞれを紹介することで、工芸品を見直すきっかけになれば…と思います。

 

 

工芸品は地元の風土の中で、元来どのように使われ、どのような意味を持っていたか。

今の暮らしに合わせる意味、これからの讃岐工芸がどうあるべきか…そんなことを、実際に手に取りながら考えてみませんか?

 

9月は主に伝統的工芸品を、

10月は産業化・工業化されたものを含め、

工芸品の新しい形をご紹介します。

【8月イベント】讃岐の農家人(のうかびと)

さぬき産業工芸館サン・クラッケ、8月のイベントは…「讃岐の農家人」。

食に対する安全性にこだわりを持つ農家さん等、讃岐でこつこつがんばっている農家さんと農産物の紹介。

取扱予定品目:アスパラ、オクラ、きゅうり、ごぼう、タマネギ、カボチャ、金時芋、トマト、なす、もも、ブルーベリー、ぶどう…etc
期間:8月1日(木)〜8月31日(土)

お待ちしています!

【7月イベント】讃岐の素麺

讃岐の素麺

さぬき産業工芸館サン・クラッケ、7月のイベントは…「讃岐の素麺」。

 

夏の風物詩「そうめん」。
簡単手軽に食べられているこのそうめん、
実は手間ひまかけて作られている事をご存知ですか?
その奥深さを知れば、そうめんがもっと
美味しく食べられるはずです。小豆島そうめんを中心に、実際に生産者様の元を訪れ、製造工程等を詳しく取材。
その上で、スタンダードなものから変わり種まで、香川県内のそうめんを多数セレクト。
サン・クラッケで扱う調味料を用いた、新しいそうめんレシピもご提案します。7月1日(月)〜7月31日(水)
お待ちしています!\(^o^)/

 

【6月イベント】讃岐のお茶

さぬき産業工芸館サン・クラッケ、6月のイベントは…「讃岐のお茶」。

意外と知られていませんが…
三豊市高瀬町をはじめ、香川県内の各地でお茶が生産されています。
しかもその味は、他の産地のものに負けないくらい、美味しい!
そんな「讃岐のお茶」についてもっと知ってもらおう!という1ヶ月です(^^)期間中は新茶を中心とした、讃岐産のお茶の試飲をしていただけます。また、ライフスタイルの変化により、最近あまり見なくなった、
「急須を使って入れるお茶」についても、知ってもらおうと思います。
お茶は元来、コミュニケーションのツールでもあります。
急須でいれたお茶が紡いできた人の心と心、特別な時間。
それらをもう一度深く考え、今の暮らしに取り込んでいきませんか?明日6/1から!お待ちしてます \(^o^)/Text By つっちー
1 / 212