TOPICS

3月16日(日)あま〜いマルシェのごあんない

次のマルシェのサン・クラッケブースは一味ちがう!

瀬戸の食材大盤振る舞い!
お腹がぐーぐー鳴ることまちがいナシの商品がめじろ押しです!

3月16日は、瀬戸内海が国立公園に指定された日からちょうど80年。
この記念に「瀬戸内記念マルシェ」として、いつもよりたくさんのお店が参加&特別イベントも行われます。

サン・クラッケは『瀬戸内メニュー対決』に参加!
いつものサン・クラッケお弁当に、あったかいお味噌汁をつけて販売します。限定50セットです!

※写真はイメージです。

 

また、今回のマルシェでしか食べられない
「西の丸ホテル」とサン・クラッケのコラボスイーツ(あずきパウンド、酒かすチーズケーキ、いよかんタルト)も販売!
西の丸ホテルは今後オープン予定のゲストハウスです。
今はマルシェのサン・クラッケブースでしか食べられません!

・あずきパウンド
サン・クラッケで販売しているゆであずきとつぶあんとしょうゆを使ったパウンドケーキ。
やさしい味でとても美味しい!とスタッフ内でも大好評のイチオシ和風パウンドです。

・酒かすチーズケーキ
クリームチーズに酒かすを練り込み、ピオーネジャムを効かせたチーズタルトです。
酒かすの風味とピオーネジャムのコラボが絶妙!

・いよかんのタルト
いよかんの風味をそのままに贅沢に使ったタルトです。
フレッシュないよかんの香りが口の中に広がります!

お弁当もケーキも香川の食材や調味料をつかった商品です。
ふるさとの味をぜひご賞味あれ!!

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

さらに民芸品コーナーには、前回のサン・クラッケブースにはなかった保多織の名刺入れがならびます。
軽くてやさしい手ざわりの保多織。
柄はいろいろありますので、贈る相手によってチョイスできます♪
春は別れと出会いの季節。
新社会人に、お世話になったあの人に、新生活をむかえる自分に、プレゼントはいかがでしょうか。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

かるーい食感のポンせんや、小豆島のおしょうゆ、香川で採れたお茶、
伝統工芸品がデザインされた丸亀うちわ、お張子に奉公さん、などなど。
ほかにも香川県の食品や工芸品がたくさん並びます!

 

もりだくさんの瀬戸内記念マルシェ!
週末、サンポートでお待ちしています!!

 

 ハスイ

讃岐かがり手まり ワークショップのご紹介

「讃岐かがり手まり保存会」様のワークショップをご案内いたします。

 

今回はここ、高松で開催することが決まりました。

 

めでたい、めでたい!

 

内容は、クリスマスツリーのオーナメントをつくるというもの。

 

 

詳細(保存会様HP抜粋)は、、、

 

「もみ殻と糸でオーナメントをつくりましょう」
何もないところから、もみ殻と薄紙、糸だけでまあるい手まりを巻いていきます。
くるくる、くるくる、大きさも、色もイロイロ、オリジナルでつくれます♪
仕上がった手まりに紐をつけてオーナメントに仕上げましょう。
今年のクリスマスにぜひ手まりのオーナメントを加えてみませんか?

 

[日時] 2013年12月8日(日)午後1時~3時
[場所] 讃岐かがり手まり保存会  高松市鶴屋町5-1香食ビル2階
[募集人数] 30人
[参加費] 2,500円

◆お申込み・お問合せ  讃岐かがり手まり保存会
お電話、又はメールにて、お名前、ご住所、お電話番号、参加人数をお知らせくださいね。
TEL: 087-887-4043 (平日:10時~17時) /  メール: temari@sanuki-araki.jp

 

 

手まりのワークショップはほんとに人気があるので、お早めにお申し込み下さいね〜。

 

やました

 

三越の伝統的工芸展、明日が最終日ですよ〜

皆さん、ただいま三越で開催されている工芸展、もう行かれましたか?

 

明日21日(木)が最終日となります。

 

県下の伝統工芸士が集まり、実演販売を行っているという貴重な催事。

 

普通では聞けないつくり手さん達の生の声が聞けます。

 

全ては紹介できませんが、一例を紹介します。

 

 

 

保多織

 

高松張子

 

 

竹一刀彫

 

 

張子虎

 

 

讃岐一刀彫

 

 

丸亀うちわ

 

 

讃岐のり染め

 

香川漆器

 

 

讃岐かがり手まり

 

 

組手障子

 

 

菓子木型

 

 

古式畳

 

 

讃岐鋳造品

 

 

讃岐提灯

 

 

肥松木工品

 

 

打出し銅器

 

 

志度桐下駄

 

 

つまみ人形

 

 

讃岐装飾瓦

 

 

一閑張

 

 

 

皆さん気さくな方ばかりで、思わず話が弾んでしまう事まちがいなし。

 

どんな方が、どんな事を考えてものづくりをされているか、それが分かっただけでもほんの少し、

 

伝統的工芸品に対する考え方が変わるかも。

 

気になる方は、是非足を運んでみてください。

 

やました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画写真展「讃岐祭」

「伝える文化・伝わる文化」と銘打ち、季節ごとに移り変わる

讃岐の祭り文化を届ける写真展。

会場:こめっせ宇多津

開催:9月10日(火)〜15日(日)

11:00〜19:00

最終日は16:00まで

最終日には13:30〜、有志による獅子舞演舞も開催予定との事。

 

サン・クラッケでも11月イベント企画にて「讃岐の祭りと獅子」を特集を予定中。

写真展、楽しみですね〜。

 

やました

高松市南新町マルシェ☆ ”夏”収穫祭!!レポート

夏・夏・なつ・ここは南新町の夏!

8月25日 大雨が真っ向から降るなか、

南新町商店街4班様のご協力を頂き

”夏”の収穫祭をかね、野菜マルシェを開催しました。

大雨から天候はちょい晴れ晴れの、ちょうど良い気温にかわり

野菜もぐんぐん元気に、みなさんのところにお嫁にいく準備を整え

いざ、マルシェスタート!!です。

今回のマルシェは

普段、なかなか接することのできない農家さんと直に触れ合いながら

町の中心で新鮮な野菜を買い、そして、その場で”採れたての野菜を食べる!”

というマルシェでした。

讃岐の農家人”小原紅早生”をつくる”小林さん” 、

(ちょと、向こうにおいしいトマトを作る入船さんもいらっしゃいます)

 

も早朝から準備をしてくださいました!

天然のみかんの色が甘い味を物語っています。

ほんとに甘くて、じゅうしぃな”小原紅早生”です。

彩とりどりの”夏野菜”はわたしたちの体とココロを元気にしてくれます。

讃岐の農家人が丹精をこめて作った野菜をみなさんに紹介したい!

そして、この”野菜”を作る人がどんな環境で野菜作りをしているのか?

何十年も野菜を作る為に土壌を研究し

”皮ごと食べる安心な野菜”を作る事を貫いている農家人。

私たちが普段、選んで買って、食べる ” 野菜 ”

この” 野菜 ”を食べるまでに、どれだけの人が時間と労力を費やしているのか?

楽しい。それと一緒に自分の目と耳と口、

五感で感じるマルシェを実現したかったのです。

当日のマルシェでは

農家人だけでなく

農家人が丹精をこめて作った ” 野菜 ” を

料理人が”自分の大事な人に残したい料理”というテーマで

遊びココロを交えながら、料理をして頂きました。

マルシェにきて下さったお客様は

自分で食べたい野菜と食べ方を選ぶ!

この野菜が

野菜天ぷらとそうめんに!

と自分で食べ方をオーダーできるのです。

今回のマルシェでは

半空でしか食べられない珈琲ゼリーや

Zionの野菜カレー

haruの野菜カレーパン、坂出の宮下さんの金時芋あんぱん

みゆきちゃんがつくったスィートポテト

うどん棒さんが一日限定でつくった讃岐の野菜天うどん。

出店とご協力くださった方には

てんこもりのパワーを頂きました。

ありがとうございました。

そして

マルシェに来てくださった みなさん

本当にありがとうございました。

サンクラッケでは今後も

讃岐の農家人を応援し

讃岐で愛される ” 野菜 ” をみなさんにお届けしたいと思います。

 

1 / 212