TOPICS

新たなる農家人参上

こんばんは  カニーです。

先日の大雨は大変でした。農家さんの所へいっても畑に入ることもできずただ世間話・・

あまり外に出ない農家さんに街の情報を持っていく情報屋カニーしてました。

昔の薬屋みたいなもんですね。

今回の農家さんは高知で農業の勉強をしてから香川にきて就農2年目。

まだピチピチの農家さん♪でもそんなのんきなことではいけません!自立する農家たるもの

おいしい野菜を作れなければ買ってもらえません。この農家さんが選んだのは・・

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、まわりから出る「出なおし根」が多いということは味はイマイチかなぁ(–;)

耕作放棄地を耕して2年では美味しい人参は難しいか・・

 

 

 

 

 

 

 

 

(・3・) ・・・??意外にいける??

ぼくもいただきました。けっこうおいしい(*≧∀≦*)

甘いですねー!エグみもなく後味もよくみずみずしいです♫

なんでですかねー。

やっぱり1年だけといっても丁寧に土作りをしてちゃんと野菜と向き合ってきた成果。

というわけで収穫スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

真面目で熱心な農家さんほどやっぱりいいものを作ってくれます 。

いつも物を選ぶとき何を基準にしていますか?

その商品がもつ「価値」ですか?流通の都合で決められた「価格」ですか?

自分の体を作ってくれる食べ物を作ってくれる農家さんを選ぶことができたらいいですね。

そうしたら「買い物」という行為の意味がかわってきますね。自分の子供、大切な人に残したいものを選ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは海風にのって潮の香りがする香西の静かな山の中域。

今回の100年後も残したい農家の想いは 入船さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初夏の畑  紹介♪

こんにちはカニーです

昼間30℃近い気温の中、農家さんはお昼休みzzz…

そんな誰もいない畑の野菜をこっそりご紹介♪

 

 

 

 

 

 

 

高松市前田西町 松原さんの畑のごぼう  この地区はごぼうの産地なんです。

4月の「かおりごぼう」といえばここ前田西町のもの。

そして松原さんはサンクラッケ店頭で販売しているごぼう茶の農家さんです。

堆肥を自分で作り、何十年も前から農薬や化学肥料にほとんど頼らずに農業を営んできた畑の土はやわらかく、健康そのもの。

とくに根菜が甘く味が濃くて香りがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ごぼうの隣には人参。人参の葉もサラダにちょっと入れたり、乾かしてカレーやスープに入れると香り付けに。

松原さんの人参の香りと甘さは大量生産では決して出せないもの。

 

 

 

 

 

 

 

UFO襲来♪このUFOは大きさはソフトボールか少し小さいくらい。

UFOの食べ方は、皮を剥いて真っ白な中身を生でサラダやスティックで食べたり、炒めても茹でてもいけます。

ブロッコリーの茎を甘くおいしくしたような感じ。

「コールラビ」。このUFOの名前。きゃべつの仲間で、見た目は料理しにくそうですが味がよく使いやすいちょっとかわった野菜です。

緑もあります!でも中身は同じ白色。

 

 

 

 

 

 

 

その季節の野菜を他にも何種類も作る松原さん。その野菜作りは土を作るところから始まります。

思いやりのある家庭では心が豊かな子供が育つ。

想いのある農家の畑では味が豊かな野菜が育ちます。

どんな家庭を作るか、どんなものを食べるかはそれを選ぶ大人次第。

ただ、子供は自分ではどちらも選ぶことは難しい。

私たちは誰のために選びますか?

夏の楽しみはもうすぐ!

こんにちは!サンクラッケの鹿庭です。

今回は夏の準備が始まった果物農家さんへ行ってきました。

香川の桃を支える高瀬の産地。

前回、5月半ばにおいでと言われ来てみると、桃畑に農家さん総出で作業中。

摘果の時期です。

 

 

 

 

 

 

ひとつずつ大きくする実をえらんでいきます。

 

 

 

 

 

 

咲いた花は大小あれどすべて実になろうと・・。

それでは大きな桃ができないので1回目は花の時期に、茎の上側に咲く花は全てとってしまいます(摘蕾)。

今は2回目。どれを大きくするか、この作業で桃のでき具合に差がでます。

大きくなったときに枝に当たったりしないようにも実を選んでいきます。

脚立を使って全部の枝の実を選んでいくのですがどれも手の届くところにあるとは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなときはアクロバティックな作業も!年齢なんて関係ありません!

何百本もある桃の木を全て手作業で回っていきます。

と、ここにはお父ちゃんの姿が見えませんが・・

聞くと、他の畑で別の果物の作業をと。

 

 

 

 

 

 

見たことありますか?

キウイの花です。 白く透き通る花びらがきれい・・。もうすぐ満開!

そのときにまた呼んでくれるそうで♪

そして今は受粉させるために花粉がついている雄花を集めていました。

キウイの木には雄と雌があって雄の木には実はならないし雌の木には花粉はつきません。

全て人の手で交配してあげないときれいな実はならないんですよね。

 

 

 

 

 

 

と、ここで邪魔者が!!せっかく選んだ花の蕾を食べてるヤツが・・

こうやって実にならないものも出てきます。農薬を使えばこんなことにはならないのですが・・

今回お邪魔した農家さんはほとんど農薬は使わず可能な限り見つけては駆除していきます。

 

 

 

 

 

 

すべて手作業。ずっと上を向いて作業して首が痛くなっても数日中に終わらさなければいけない作業は休めません。

手間と想いと経験と努力がかけられた分おいしいものができます。1個数百円のものにも 花の時期から選んで袋をかけたり収穫するまで

何回もの手間がかかりそれでも傷が少しついただけで商品にならなかったりするものもあります。

こんなにもいいものを作ろうとしてくれる農家さん、もうそんなに多くないですよ。

いつも値段ばかり見て買っていませんか?

 

今回訪れた農家さんはサンクラッケの店頭でもご紹介と同時に桃の販売も予定していますよ。