TOPICS

GRAPH(グラフ)のバッグ、販売中

ヨットやハングライダーなど、ウインドスポートのユーズドセイルを用いたバッグです。

 

それをパーツ取りしますので、ひとつとして同じものはありません。

 

部材にもこだわり、実際にヨットで使用されるグロメットやロープを採用しています。

 

縫製糸も強度があり、濡れてもつよいボンド糸を使用。本格派です。

 

 

見た目では分かりませんが、この生地を縫製するのはちょっと大変。

 

生地が厚く且つ、滑り易いのでミシンもだいぶ調整している筈です。

 

糸番手、針番手は勿論、ミシンの糸調子や生地の重なり部分など、考えただけでも

 

高度な縫製技術が必要な事が分かります。

 

 

ま、そんなことよりも格好いいですよね!

 

サン・クラッケでも人気の商品です。

 

是非、お越しくださ〜い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

讃岐装飾瓦〜うどん鉢

装飾瓦、、、香川県の伝統的工芸品って知っていますか?

 

装飾瓦の起源は天平時代にさかのぼるとされ、古くから魔除けとして用いられてきました。

 

江戸後期に瓦自体が民家の屋根に使われるようになり、その意匠も多種多様を極めました。

 

その中でも伝統工芸士/神内さんがつくる鬼瓦のデザインは、独自でアレンジしたもの。非常に愛嬌があります!

 

怖いと言うよりは愛嬌、ユーモアがたっぷり。

 

その神内さんが考案した、「開運魔除け鬼瓦 さぬきうどんの器」。

 

 

 

 

鬼の角と牙が、器の足になるという設計。

 

 

聞かれる前に言っておきます、これ、だいたい1.2kg(個体差あり)。

 

どんぶり鉢と比較すれば、それほど重量がないのがわかります。

 

しかし、どっしりと存在感あります。

 

食器として使わない時は、飾り物としても良いですよね。

 

いえ飾り物で器としても使える、が正しいのでしょうか!?

 

お土産品としても面白いですね。

 

やました

 

 

 

 

 

 

 

おつまみ、いかがですか?

もと漁師さんだから、ものが良い!

 

一匹ずつ目で確かめ、良いものだけを出荷するこだわりの「藤田水産」さん。

 

そのなかでもサン・クラッケで一番人気の商品をご紹介。

 

この「おつまみ太刀魚」、そのまま食べても美味しいのですがあぶって柑橘類を

 

しぼって食べると更に美味しさが膨らみます。

 

値段が¥315(税込み)なのもうれしいですね。

 

是非お試し下さい。

 

 

 

やました

讃岐かがり手まり 新柄はいってきました

あたらしい手まりが入ってきました。

 

今回は伝統的な模様の菊がそろっています。

 

 

三角ぼたん菊

人気の意匠で4面全て、ちがう色の菊模様。

ベースの抹茶色に、菊がはえ映ります。

 

四角つなぎと変わり菊

朱色の菊がなんともかわいらしいですね。

全体的にマットで落ち着いた雰囲気です。

 

十六菊

大きく咲く一輪の菊そのもの。

黄色の花が元気いっぱい咲いているように見えます。

 

 

 

草木染めならではの淡い色が良いですね。

 

糸運びの精密さとバランスに、いつもながら驚かされます。

 

まりを持つ人の事を考えながら丁寧に、長い時間をかけてかがっている「つくり手」。

 

「つくり手」がいなければ私たちは、こんな素晴らしい文化を知り触れる事もできません。

 

この小さなたからもの、あなたも飾りたくなったでしょう?

 

やました

 

永井節子さんのつまみ人形

永井節子さん(人間国宝だった宮内フサさんの孫)の土人形。

 

何とも愛らしいすがた。

 

そら豆サイズなのも哀愁をさそいます。

 

 

つまみ人形とは粘土をこねてかたちをつくられ、

 

丁寧にひとつずつ粘土をこねて天日でかわかし彩色します。

 

 

*高松張子とはにて似て非なるものですね。

張子は型と和紙で成形、型から抜き出し胡粉(ごふん)をぬって彩色するので、中は空洞。

 

 

永井さんは彩色に顔料をつかっていらっしゃいますのでニカワ(動物の皮や骨からつくられる天然接着剤)と

 

合わせて絵付けします。これも手間が非常に掛かる作業。

 

現在では、このつまみ人形をつくられている方は、この永井さんだけで継承者はいないそうです。

 

張子は有名ですが、つまみ人形を知られている方は少ないと思います。

 

皆さんに是非、一度みていただきたいです。

 

ただいま、店頭で各種取扱中。

 

 

 

 

 

 

 

やました