TOPICS

Rie glass garden のご紹介

今回はRie Glass Garden のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Rie Glass Gardenは昨年11月にオープンした香川県出身・杉山利恵さんの「さぬき庵治石硝子」工房です。

「さぬき庵治石硝子」は杉山さんが独自に開発したガラス。

世界的にも評価の高い、香川県庵治町で産出される庵治石を原料に使用しています。

独特の蒼い輝きを持ち、見る角度によって様々な表情を見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日入荷したばかりの一花挿し “瀬戸の滴”(後側)

小/¥3,675

中/¥5,250

大/¥8,400(全て税込)

 

ホッと一息つけるペーパーウェイト “ぽっこり山”(手前側)

左:「蒼」   /¥2,625

右:「しおさい」/¥2,625(全て税込)

 

この他にタンブラーも店頭にて販売しております。ぜひ実際にご覧下さい。

 

幼い頃からガラスが大好きだったという杉山さん。

これからの彼女の活躍に乞うご期待です!!

ちょっとしたおみやげに讃岐の逸品はいかがですか?

12月、いろいろなシーンにお呼ばれする機会も増えてきます。

そんな時のちょっとしたお土産に讃岐の逸品はいかがでしょうか?

 

サン・クラッケでは、うどんやオリーブ製品など香川ならではの商品も、

こだわりのセレクトで取り揃えております。

 

また、来年に向けて「午」の張子や、

 

こだわりお菓子に工芸品を組合せるのも楽しいですね。

サン・クラッケでは1品からギフト包装を承っております。

 

普段お世話になっている方に、

お友達・ご両親に、

日頃の感謝の気持ちを添えて。

 

 

 

えに

入船醤油醸造所 純正醤油

久々にやってみました「讃岐の醤油」特集。

やはり醤油の瓶が並ぶとかっこいいですね。

 

本日のオススメは「入船醤油醸造所 純正醤油」

いわゆる濃口醤油です。

うどん屋さんなどで見たことがある方もいらっしゃるのでは?

こちらが高松市西宝町で作られています。

 

小麦はさぬきの夢2000、大豆は厳選丸大豆、塩は無添加無着色の自然塩 伯方の塩。

成分無調整、無駄なものは入っていません。

自社工場にて麹から作り、自家蔵の木桶で2年以上発酵・熟成させているため、

角が取れて醤油辛さの中に深みと甘さがあります。

 

うどんやかけ醤油はもちろんですが、私は料理に使うのがおすすめです。

天然醸造のおかげでしょうか、なじみよく素材の味を引き立て、料理がまとまります。

 

ぜひお試しいただきたい。

お求めは入船醤油さんか、当サン・クラッケまで。

 

えに

 

「サヌキノススメ見学会」で行ってきました!ブログ記事はコチラから。

 

商品はサン・クラッケのオンラインショップで販売中です。
オンラインショップのページはコチラ!

 

 

新年は特別な讃岐かがり手まりで・・・

讃岐かがり手まり保存会さんが、

新春に向けて新しいかがり手まりを作られました。

一つは「香手まり®椿」、もう一つは「讃岐の手まり箱 朱竹と鶴」。

今日はその「朱竹と鶴」について紹介します。

 

 

朱竹(しゅちく)には、古い由来があります。

 

あるとき宋(中国)の詩人である蘇東坡(そとうば)が、依頼主から竹の絵を描いてくれと依頼を

受けました。その時、手許に墨汁がなかったため、朱墨を使い書き与えました。

 

するとその依頼主は、不満げに「世の中に朱い竹なんてありますか?」と言いました。

蘇東坡は逆に「世の中に黒い竹なんてないじゃないか!」と言い返しました。

依頼主はしぶしぶ、その朱竹画を持ち帰りました。

 

ところがその依頼主の家は、次々と吉事に恵まれ大富豪となりました。

その噂を聞き付けた人々は、朱い竹を求めました。

そしてみんな幸運に恵まれたというお話が残り、今日でも縁起物として扱われています。

 

また鶴はご存知の通り長寿や子孫繁栄を意味します。

お正月だけでなく、お祝いごとにうってつけの意匠。

 

 

 

まだお店には入荷していません、近日入荷となっています。

もう少々、お待ち下さい。

 

讃岐かがり手まり「朱竹と鶴」 4200円(税込)となります。

 

やました

 

サン・クラッケオリジナル週末スイーツ

サン・クラッケの週末には季節に合わせた「スイーツ」がその時々で入荷しています。

 

まずは金曜日

先週から「安納芋のリッチバターケーキ」が登場しています。

8月にご紹介した「讃岐の農家人」の表紙にもなっている

坂出の宮下さんが作られた有機の安納芋を使用。

生地に練りこまれ、上にもゴロゴロ乗っています。

リッチバターの名の通り、バターたっぷりに生クリーム、牛乳、蜂蜜、ラム酒などなど。

小さいながら満足のどっしり感です。

1カット 270円

 

 

 

そして、土曜には栗林公園の東方面、藤塚商店街にある

「洋菓子・喫茶ブルンネン」のブッセが毎週入荷しています。

ブッセはブルンネンさんでも販売されているのですが、

食アドバイザー監修のもと、サン・クラッケオリジナルの餡を考案。

 

今店頭には、夏から継続している「うすいえんどう」のブッセと秋から「南京」のブッセが入荷。

こちらも農家さんが作られた野菜を使用しています。

 

「南京」は松原さんのもの。

南京をオーブンで1時間焼いた後、ミキサーにかけ、カスタードクリームと合わせました。

 

見てください。この餡の量。

いずれも香川県産100%の裸麦を使ったはったい粉が上部にたっぷり降りかけてあります。

2日目にはこのはったい粉がしっとりしてきてこれまた美味。

1個 各170円

 

 

数量限定です。

週末スイーツいかがでしょうか?

 

 

 

えに