TOPICS

日替わりサヌキノうまいもん!琴平 浪花堂餅店さん 五色餅

サン・クラッケでは曜日毎に日替わりで香川のおいしいものを店頭に並べています!

毎週火、水曜日は琴平 浪花堂餅店さんの五色餅。

今回はお正月のお餅もご予約受付中!!の浪花堂さんのご紹介です♪

 

創業は少なくとも100年以上前という琴平の老舗餅店。以前はことでん琴平駅前にありましたが、現在は駅を川沿いに数分歩いたところに移転・新装しています。おばあちゃんが手押し車でお餅を売る姿がテレビで放映されてから一躍有名になりました。

 

浪花堂さんの一番の特徴はカラフルな5色の餅(白餅、よもぎ、黒豆、アワ、キビ)。

もち米は香川県三豊市産、自家製あんに使う小豆は北海道産、他の原料も全て国産です。あんは前日に4時間かけて煮込み、当日はもちを杵でつくというこだわりよう。大ぶりな餅ですが、ほんのり塩味が効いてサッパリしており何個でも食べられます。

 

現在お店を切り盛りするのは6代目の小笹直人さん。彼が最もこだわっているのは「伝統を守る」こと。

味・製法とも100年前と同じだそうです。昔、自分のご先祖もこんぴら参りのとき同じ餅を食べたかもと思うと…感慨深いですね。

 

 

■浪花堂餅店

〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町603-3

TEL : 0877-75-5199

定休日 : 毎月9のつく日 (土日祝は営業)

営業時間:8:30~売り切れまで

MAP:http://goo.gl/8mml46

 

つまみ人形 キャラ紹介♪

ただいまサン・クラッケの2階では工芸展 高松張子・讃岐かがり手まり・高松嫁入人形・古式畳を開催中です!

 

その中から高松嫁入人形の流れを汲む小さな土人形、つまみ人形をご紹介♪

むかし、高松地方で嫁入の時に花嫁さんが近所の子どもたちに配っていた嫁入人形。

元は型抜きの土人形で作られていたものが時代とともに壊れにくい張子で作られるようになり、土製のものはほぼ姿を消しました。

現在作られている高松の土人形は、宮内フサさんが作られていたものを、お孫さんの永井節子さんが継がれて作られている小さなつまみ人形だけとなっています。

 

つまみ人形も張子も、嫁入人形として作られていたキャラクターは共通していて、たくさんの種類があったそうです。

高松張子の代表格、子どものお守りの奉公さんをはじめ、安産祈願のチン鯛さんやお嫁さんが根付く寝牛、おめでたい鯛持ち戎などなど、表情豊かなキャラクターたちをご紹介いたします♪

 

奉公さん

奉公さん

赤色は魔除けや病除けになると信じられており、 子どものお守りとして。

 

チン鯛さん

チン鯛さん

「イヌマイ、メデタイ」一度お嫁に行ったら帰らないという意味を込めて。 安産・多産を祈願。

 

寝牛

寝牛

お嫁さんが根付くように。

 

鯛持戎

鯛持戎

福の神が嫁ぎ先に訪れますように。

 

金袋童子

金袋童子

金運に恵まれますように。

 

玉取り龍

玉取り龍

龍は財産や出世の象徴。玉はどんな願いもかなえる「大願成就」の宝玉。志度の「玉取り伝説」がモチーフ。

 

お多福

お多福

多くの福を呼ぶのでお多福。昔、ふくふくした女性は災除けになるとも言われていた。

 

蛇の目馬

蛇の目馬

蛇の目は真実を写し、災いをはらいます。赤い色は魔除け。馬は障害物をうまくよけて進むので、交通安全の意味もあります。

 

頭巾かぶり

頭巾かぶり

米寿のお祝いの色でもある黄色の頭巾。長寿と健康を願っています。

 

俵馬

俵馬

福やお米(金運)が入った俵を背負い、馬は厄を蹴飛ばします。

 

夫婦人形

夫婦人形

寄り添い合って仲睦まじく夫婦円満。

 

獅子頭

獅子頭

無病息災、豊年豊作を祈願して舞われる獅子舞。赤は厄除けの意味もあります。

 

 

日替わりサヌキノうまいもん!国分寺 森上屋さん

サン・クラッケでは曜日毎に日替わりで香川のおいしいものを店頭に並べています!

毎週水、金曜日は大人気のどら焼き。

 

作っているのは高松市国分寺町の和菓子屋、森上屋さんです。

創業40年、現在お店を切り盛りするのは2代目の森上房子さん。

森上屋さんのどら焼きといえば、何といっても溢れんばかりのあんこ。

このどら焼きを作り始めたのは創業者である、房子さんのお母様。

「あんこは少ないより多いほうがおいしい!」というシンプルな発想からだったそうです。

特にこだわっているのは、小豆の粒をつぶさないように丁寧にそしてやわらかく煮たあんこ。

1代目の味を守り続けています。

 

森上屋さんが一番大事にしていることは「人の心」。

それをよく表しているのが包装紙にも使われているこの川柳です。

「ふるさとのかわいい銘菓の一人旅 無事かどうかと思うこの親」

森上屋さんがお菓子に込める思いは親が子を思う気持ちに似ていると言います。

 

そんな作り手の心がお菓子に移り、それを受け取ったお客様の声が自然と広がり、新しいお客様がやってくる。

森上屋さんの店内がいつも賑わっている理由がわかる気がします。

 

■森上屋

〒769-0101 香川県高松市国分寺町新居407−6

TEL : 087-874-4508

定休日 : 火曜日

営業時間: [日・月・祝日]8:00~12:00 [水-土]8:00~17:00

MAP:http://goo.gl/EFQ51B

お酢のお話し

先日、三豊市仁尾町の中橋造酢さんにお話を伺いに行って来ました。

 

中橋造酢さんといえば「仁尾酢」。香川を代表する米酢(お米を原料としたお酢)です。

食卓ではおなじみのお酢ですが、どのように造られているかみなさんご存知ですか?

ここでは、米酢の作り方を簡単にご紹介します。

 

まずお米を蒸します。

 

その後、麹菌を加えてお米のデンプンを分解させ、さらに酵母を加えてアルコール発酵させます。

ここまでは日本酒のつくり方とほぼ同じ。実はお酢になる前はお酒なんです!

 

それを樽に移し、種酢(酢酸菌が入った酢)を加えてアルコールを酢酸発酵させ、酢に変えていきます。

この発酵は3ヶ月程度で終わりますが、そのままでは刺激が強すぎて使うことができません。

樽の中で1年3ヶ月程熟成させることで、酸っぱさのカドがなくなってまろやかになり、お米由来の甘さが引き立つお酢が生まれます。

 

仕込みから約2年!中橋造酢さんの「仁尾酢」の完成です。

中橋造酢さんは創業以来200年以上変わらぬ手法でお酢を造り続けています。

 

サン・クラッケには、三豊のフルーツを仁尾酢にじっくり浸けてつくった「フルーツDE酢」も置かせていただいています。

生野菜にドレッシングとしてかけたり、お水や焼酎で割ったり...

お酢を使う楽しみがますます広がりますね。

中橋さんの息子さんが描いた絵のパッケージが目印です!

 

さらに4月、仁尾酢を使った新しい食品が入荷予定です。

ぜひ店頭でご覧ください。

 

サンクラッケ トクチ

 

 

3月16日(日)あま〜いマルシェのごあんない

次のマルシェのサン・クラッケブースは一味ちがう!

瀬戸の食材大盤振る舞い!
お腹がぐーぐー鳴ることまちがいナシの商品がめじろ押しです!

3月16日は、瀬戸内海が国立公園に指定された日からちょうど80年。
この記念に「瀬戸内記念マルシェ」として、いつもよりたくさんのお店が参加&特別イベントも行われます。

サン・クラッケは『瀬戸内メニュー対決』に参加!
いつものサン・クラッケお弁当に、あったかいお味噌汁をつけて販売します。限定50セットです!

※写真はイメージです。

 

また、今回のマルシェでしか食べられない
「西の丸ホテル」とサン・クラッケのコラボスイーツ(あずきパウンド、酒かすチーズケーキ、いよかんタルト)も販売!
西の丸ホテルは今後オープン予定のゲストハウスです。
今はマルシェのサン・クラッケブースでしか食べられません!

・あずきパウンド
サン・クラッケで販売しているゆであずきとつぶあんとしょうゆを使ったパウンドケーキ。
やさしい味でとても美味しい!とスタッフ内でも大好評のイチオシ和風パウンドです。

・酒かすチーズケーキ
クリームチーズに酒かすを練り込み、ピオーネジャムを効かせたチーズタルトです。
酒かすの風味とピオーネジャムのコラボが絶妙!

・いよかんのタルト
いよかんの風味をそのままに贅沢に使ったタルトです。
フレッシュないよかんの香りが口の中に広がります!

お弁当もケーキも香川の食材や調味料をつかった商品です。
ふるさとの味をぜひご賞味あれ!!

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

さらに民芸品コーナーには、前回のサン・クラッケブースにはなかった保多織の名刺入れがならびます。
軽くてやさしい手ざわりの保多織。
柄はいろいろありますので、贈る相手によってチョイスできます♪
春は別れと出会いの季節。
新社会人に、お世話になったあの人に、新生活をむかえる自分に、プレゼントはいかがでしょうか。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

かるーい食感のポンせんや、小豆島のおしょうゆ、香川で採れたお茶、
伝統工芸品がデザインされた丸亀うちわ、お張子に奉公さん、などなど。
ほかにも香川県の食品や工芸品がたくさん並びます!

 

もりだくさんの瀬戸内記念マルシェ!
週末、サンポートでお待ちしています!!

 

 ハスイ

1 / 912345...最後 »